かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 野彩家 佐藤農園(横浜市緑区)で新米 「都市農業」の意義と魅力伝える

とれたて 新米
野彩家 佐藤農園(横浜市緑区)で新米 「都市農業」の意義と魅力伝える

「横浜に田んぼがあることをより多くの人に知ってもらい、そのお米を食べたいと思ってもらえたら」と、精力的に体験イベントを行っている園主の佐藤さん
「横浜に田んぼがあることをより多くの人に知ってもらい、そのお米を食べたいと思ってもらえたら」と、精力的に体験イベントを行っている園主の佐藤さん

 ふっくらつやつや、新米がおいしい季節だ。JR十日市場駅そばの「野彩家 佐藤農園」直売所。丹精込めて育てた新米が、旬の野菜と共に並び、店は一段とにぎわいを見せている。



 同園の田んぼは、直売所からほど近い恩田川沿い。新米の収穫が終盤を迎えた10月中旬に訪ねると、ひげがトレードマークの園主・佐藤克徳さん(63)が笑顔で迎えてくれた。栽培する米は「はるみ」「コシヒカリ」「ミルキープリンセス」のほか、リゾット向きの「和みリゾット」、黒米の「さよむらさき」、もち米の「マンゲツモチ」の全6品種。今年は天候不良が続いたが、その影響を受けることなく、「例年通りの出来栄え」と自信を見せる。ここ数年、台風による作物の被害が全国的に増えている中、倒伏の被害に負けない稲にしようと、背丈の伸長を抑制しているという。そのため、植物の成長に欠かせない窒素の投入量を減らすなど努力や工夫を重ね、「品質や収量を維持しながら丈夫な稲に育てている」と話す。



 佐藤さんは環境に優しい農業に取り組む県認定の「エコファーマー」だ。手がける作物は農薬や化学肥料を節減して栽培し、横浜市から「特別栽培農産物」の認証を受けている。土壌消毒剤の代わりに太陽熱消毒を導入したり、植物そのものを肥料にする緑肥を土にすき混んだりして病害虫の発生を防ぎ、土壌の力を向上させている。

 この環境保全型の農業により、同園の田畑には多様な生き物が生息。佐藤さんは横浜の農業を知ってもらおうと2015年に「十日市場myライス倶楽部(クラブ)」を立ち上げ、生き物観察会や収穫体験会など各種イベントを援農スタッフや神奈川大学の学生有志らの協力で開催している。「百姓(ひゃくしょう)はやりたくなかった」とちゃめっ気たっぷりに話す佐藤さんだが、都市農業への理解を深めてもらおうと、揺るぎない姿勢で活動を続けている。



お薦め品

◇新米 2キロ1100円

ここで買える


直売所

住所 横浜市緑区十日市場町819の10
アクセス JR十日市場駅徒歩3分
電話 045(981)5239
営業時間 火・水・金・土曜午後1~5時(売り切れ次第終了)
公式HP https://www.facebook.com/people/%E4%BD%90%E8%97%A4%E8%BE%B2%E5%9C%92%E9%87%8E%E5%BD%A9%E5%AE%B6/100011231139980/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2022年11月04日公開 | 2022年11月03日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


おいしいお米が食べたい相模原・てのりのてのりめし 食べやすい棒状のおにぎり

おいしい米と、たっぷりの具が一口目から存分に味わえる「てのりめし」(150円~)。子どもやシニアでも食べやすい棒状の...

てのり(相模原市中央区)

おいしいお米が食べたい川崎・米Cafe BOXの羽釜で炊いたコシヒカリ もちもち食感が抜群

JR武蔵溝ノ口駅から少し歩いた先、洗足学園の正面にある定食店「米Cafe BOX」。羽釜で炊いたコシヒカリを味わおうと、老若...

米Cafe BOX(川崎市高津区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ