かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 「沖縄の問題」はなぜ「日本の問題」として語られないのか 舞台「ライカムで待っとく」

気になる 舞台
「沖縄の問題」はなぜ「日本の問題」として語られないのか 舞台「ライカムで待っとく」

「役者さんの肉体のエネルギーを通して、見た人に強く働きかけるのが演劇ならではの力」と語る兼島拓也(右)と田中麻衣子(撮影・花輪久)
「役者さんの肉体のエネルギーを通して、見た人に強く働きかけるのが演劇ならではの力」と語る兼島拓也(右)と田中麻衣子(撮影・花輪久)

 沖縄で生きる若者たちの葛藤を描く舞台「ライカムで待っとく」が27日、KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)で開幕する。本作を手がけたのは沖縄県在住の劇作家兼島拓也(33)。過重な基地負担をはじめ「沖縄の問題」とされるものがなぜ、「日本の問題」として語られないのか。静かに、重みを持って国の在り方を問いかける。

 沖縄の日本復帰から50年の節目に合わせてKAATが企画。米国の占領下に置かれた沖縄で起きた米兵殺傷事件を基にしたノンフィクション「逆転」(伊佐千尋著、新潮社・岩波書店刊)を起点にしようと、兼島に台本執筆を依頼した。

 物語は現代の雑誌記者の視点で描かれる。1964年に発生した同事件について取材することになった記者は、容疑者とされた沖縄の若者らと時空を超えて出会い、犯行に至った背景を探っていく。出演者8人のうち、半数は沖縄出身だ。

 凄惨(せいさん)な沖縄戦を生き抜いた世代が占領下に直面する抑圧と差別、半世紀たっても変わらない基地負担や本土との温度差、県民の分断。沖縄が絶えず強いられる問題が、登場人物の対話から立ち上る。

 演出の田中麻衣子(44)と1年近く推敲(すいこう)して台本を書き上げた兼島。「逆転」や当時の資料を読み込み、同じく米軍基地がある横須賀の住民や専門家への取材を重ねた。「復帰前の沖縄が抱えた問題が今も続いていることに改めて気付かされた」と、その過程を振り返る。

 劇では「決まり」という言葉が多用される。米軍が夜間訓練で騒音を出すのも、決まりを守らないのも「決まり」。若者がこぼすこれらのせりふには諦観がにじむ。米軍嘉手納基地に近い沖縄市で育ち、現在は普天間飛行場がある宜野湾市に住む兼島にとっても、騒音は日常だという。

 「僕の中にもこうした諦めに似た感覚はあります。騒音がある時はただやり過ごすという対処法だけが身に付くんです」。一方、決まりにあらがう意志も強く持ち合わせる。「基地負担が過重な現状は変えていくべきだし、『諦めさせているのは誰だ』ということを問いながら書いています」

 基地を巡る課題は「沖縄の人たちが解決すべき問題」として捉えられていると、兼島は続ける。「でも、本当に沖縄の問題ですか。日本全体の問題ではないのですか」。本作はこの構造への疑問も突き付ける。

 沖縄にルーツがある田中も同様の思いだ。「私自身、十分に沖縄のことを知らなかった罪悪感がある。沖縄の現実を知って終わりではなく、その先をどう見据えるかが重要なんです」。劇を見て「何ができるのか」と視野を広げる。そんな舞台を目指している。

 既に亡くなった沖縄戦の体験者や、これから生まれてくる次世代の子どもたちに思いをはせる兼島も「今起きている事実だけでなく、その先を描きたい」と繰り返し強調する。

 「現代を生きていないそれぞれの世代が、今の沖縄と日本をどのように見つめるだろう、50年後の社会をどのように生きたいだろうと想像しながら劇を作りました」。観客が身構えずに物語を楽しみつつ、共に考えを深める空間となることを願っている。

 12月4日まで(11月28日は休演)。料金は一般5500円ほか。県内在住・在勤者は4950円。問い合わせはチケットかながわ電話(0570)015415。

2022年11月7日公開 | 2022年11月2日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


K-Person柿澤勇人さんに聞く 熱演の「源実朝」って、どんな人?

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で3代将軍・源実朝を演じている。脚本家の三谷幸喜さんに「世間に認知されていない、本...

オペラ歌劇「サロメ」全1幕 ミューザ川崎シンフォニーホール

18日午後7時、ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅徒歩3分)。1万5千円、1万2千円、9千円、6千円。25歳...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ