かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 紅葉を愛でよう 県立三ツ池公園(横浜市鶴見区)と「CAFE MITSUIKE」

推し 神奈川の紅葉めぐり
紅葉を愛でよう 県立三ツ池公園(横浜市鶴見区)と「CAFE MITSUIKE」

県立三ツ池公園
県立三ツ池公園

 約30万平方メートルの敷地に豊かな自然が広がる「県立三ツ池公園」。公園の名前の由来になった三つの池があり、その周りを中心にイチョウやカエデが鮮やかに色づく。

 野鳥が池で泳ぐ姿とともに美しい紅葉を観賞できるので、ゆっくりと散策を満喫したい。見ごろは11月中旬~12月上旬。

 県立三ツ池公園:横浜市鶴見区三ツ池公園1の1。JR鶴見駅、新横浜駅からバスで三ツ池公園北門下車3分。駐車場あり。電話045(581)0287。


「CAFE MITSUIKE」の「BLTサンド」
「CAFE MITSUIKE」の「BLTサンド」

 県立三ツ池公園の正門前にあり、季節で移り変わる公園の風景を眺めながら食事ができる「CAFE MITSUIKE」。大の動物好きという店長の筒井三保さん(49)は、ペット連れでも気軽に利用できる店にしたいと、テラス席だけでなく、店内にも専用の席を用意した。

 これまで、犬や猫はもちろん、ミーアキャット、フェレット、インコなど、さまざま動物が〝ご来店〟。カラフルないすを置き、ガラス張りで開放感のある店内はモダンな雰囲気。地域住民の憩いの場になっている。


「CAFE MITSUIKE」の内装
「CAFE MITSUIKE」の内装

 メニューの中で1番人気は「BLTサンド」(単品720円、サラダとドリンクのセットは1100円)。極厚のベーコンを挟んでいて、食べ応えがある。

 筒井さんは「テイクアウトも対応しているので、紅葉巡りのお供にいかがですか」とにこやかに話す。


「CAFE MITSUIKE」の外観
「CAFE MITSUIKE」の外観

 CAFE MITSUIKE:横浜市鶴見区下末吉6の12の1。JR鶴見駅からバスで寺尾中学入口下車7分。午前10時~午後4時(土日・祝日は午前11時~午後5時)。月・木曜休み。電話045(512)7820。

2022年11月14日公開 | 2022年11月12日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


神奈川の紅葉めぐり紅葉を愛でよう 生田緑地(川崎市多摩区)と「Bedford Ave Cafe」
神奈川の紅葉めぐり紅葉を愛でよう 浄智寺(鎌倉市)と「ひ路花」
神奈川の紅葉めぐり紅葉を愛でよう 御殿辺公園(藤沢市)と「lit:lil」
神奈川の紅葉めぐり紅葉を愛でよう 県立座間谷戸山公園(座間市)と「CAFE NICOLA 座間店」
神奈川の紅葉めぐり紅葉を愛でよう 中川温泉(山北町)と「緑茶カフェ 茶ぁぼう」

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ