かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 取っておきたくなるパッケージ 藤野良品店の「里山クラフトチョコレート」

推し 包まれた幸せ
取っておきたくなるパッケージ 藤野良品店の「里山クラフトチョコレート」

里山クラフトチョコレート。フレーバーはカカオニブ、天日塩、柚子ピール、生姜の4種類(1100円~)。うち3種類は国際的なチョコレートの品評会「アカデミーオブチョコレート」で入賞も果たした商品
里山クラフトチョコレート。フレーバーはカカオニブ、天日塩、柚子ピール、生姜の4種類(1100円~)。うち3種類は国際的なチョコレートの品評会「アカデミーオブチョコレート」で入賞も果たした商品

 紙包みを開くと芳醇(ほうじゅん)な香りが漂う。アフリカ・タンザニアで有機生産したカカオ豆を地元の炭で焙煎(ばいせん)した「里山クラフトチョコレート」(1100円~)は、人と自然が共生する旧藤野町の工房「藤野良品店」で作られている。

 凹凸がある優しい手触りの包装紙には、山野草が咲く野山を歩くつがいのキジを太陽が照らす絵と、両脇にはタンザニアをイメージした伝統文様が描かれている。



 藤野地区にあるアート作品「緑のラブレター」の姿も。美しい風景は、同地区在住のアーティストが手がけた。

 「『藤野・タンザニア・カカオ』をイメージしてデザインしてもらった絵柄なんです。実際にこの町で目にできる風景ですよ」と代表の柳田真樹子さん(47)。環境に配慮し、地域の人が一つ一つ包んでいる。「小さな町の、人とのつながりでできたチョコレートです。手に取ることでふるさとを感じてもらえたら」

 藤野良品店:相模原市緑区名倉2826の1。車で、中央自動車道相模湖ICから約10分。HPはhttps://fujinoryohin.handcrafted.jp/ 電話042(682)0125。藤野観光案内所 ふじのね(JR中央線藤野駅徒歩1分)、さがみはらアンテナショップ sagamix(小田急線相模大野駅徒歩3分)でも販売中。価格は店舗により異なる場合がある

2022年11月28日公開 | 2022年11月26日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


包まれた幸せ取っておきたくなるパッケージ パティスリーアノー宿河原店のマカロン「アノロン」
包まれた幸せ取っておきたくなるパッケージ 阿夫利山荘鹿肉カレー
包まれた幸せ取っておきたくなるパッケージ 鵠沼しみずのフルーツポンチ
包まれた幸せ取っておきたくなるパッケージ レ・シューの「猫の宝石」シリーズ
包まれた幸せ取っておきたくなるパッケージ 岩井の胡麻油の「金岩井純正胡麻油」

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ