かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 澁谷農園(川崎市高津区)のダイコン 赤が鮮やかな2品種は生食がおすすめ

とれたて ダイコン
澁谷農園(川崎市高津区)のダイコン 赤が鮮やかな2品種は生食がおすすめ

  • 澁谷農園(川崎市高津区)

シェア・新聞購入ボタン


 静かな住宅街にある澁谷農園。澁谷義之さん(48)、野菜ソムリエの資格を持つ直子さん(48)夫妻が、約4千平方メートル(40アール)の畑で年間50種100品種もの野菜を栽培している。「少量多品種栽培で、特に新しい品種を積極的に取り入れています」と義之さんは話す。

 現在はダイコンの収穫の真っ最中。12月上旬のミニダイコンに始まり、定番の青首大根、断面が赤い紅芯大根、皮も中身も赤くナシのような食感の「もみじスティック」と続く。中旬には1本2キロほどになる大型の三浦大根、カブのように丸い聖護院大根も登場し、6品種にも及ぶ。



 需要が多い12月の収穫を見込んで10月上旬に種まきし、60~90日ほどで収穫する。「芽が小さいうちは虫がつきやすいので、ネットでカバー。しっかり発芽させれば、後はどんどん成長してくれる」と直子さん。基本的な栽培方法は同じだという。

 あらゆる料理に使えるダイコンだが、赤が鮮やかな2品種は生食がおすすめ。色素のもとになるアントシアニンは加熱に弱く、煮たりゆでたりすると色が抜けてしまう。辛みがなくパリっとした歯ごたえの紅芯大根はサラダに、もみじスティックは酢漬けにすると甘みが際立ち、さらに色鮮やかになる。ちくちくととげを感じる新鮮な葉は「定番のじゃこと炒めてふりかけに。毎年10月末ごろに販売する間引き菜もやわらかくておいしいですよ」と直子さん。


(左から)紅芯大根、ミニダイコン、もみじスティック
(左から)紅芯大根、ミニダイコン、もみじスティック

 両親が守ってきた畑を継ぎ、義之さんは15年前、直子さんは20年前に就農。畑のそばに設置した自動販売機で、毎朝収穫した野菜を販売している。春のタケノコの時季は行列ができる人気だ。直子さんは「おいしいと言ってもらえるのがうれしい」とほほ笑む。「今後は摘み取りできるイチゴのハウス栽培に挑戦する予定」と義之さん。地域の人の笑顔がますます増えそうだ。

お薦め品

ミニダイコン
・青首大根
・紅芯大根
・もみじスティック 各1本100円

・三浦大根
・聖護院大根    各1本200円



澁谷農園

住所 川崎市高津区末長1の18の1
アクセス 東急田園都市線梶が谷駅徒歩4分
電話 044(877)1862
公式HP http://omoya-farm.blogspot.com/
備考欄 直売の自動販売機は午前9時半ごろ補充、無くなり次第終了。端境期、雨の日は休み。コミュニティースペースの古民家「母家」で随時イベントを開催。収穫体験など農園と母家の情報は[HP]http://omoya-farm.blogspot.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2022年12月9日公開 | 2022年12月8日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ダイコン教えて!緒方湊くん 野菜ソムリエプロに聞くおいしい野菜&フルーツの見分け方<ダイコン編>

ことわざ「大根〇にごぼう尻」 ○に入る部位は? (1)頭 (2)脚 正解は(1)、頭です。 大根は頭の方がおいしく、ゴボウ...

鎌倉文士が親しんだ味コアンドル(鎌倉市)のシャリアピンステーキ 大佛次郎とともに作った逸品

鎌倉の小町通りにある老舗フランス料理店。1967(昭和42)年の創業当時から文豪に愛されている名店で、大佛次郎ととも...

コアンドル(鎌倉市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. 小松菜 教えて!緒方湊くん 野菜ソムリエプロに聞くおいしい野菜&フルーツの見分け方<小松菜編>

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎのしっぽ 海老名ビナウォーク店(海老名市)

人気タグ