かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 映画「ラーゲリより愛を込めて」 シベリア抑留、絶望の中でつないだ希望

気になる シネマ散歩
映画「ラーゲリより愛を込めて」 シベリア抑留、絶望の中でつないだ希望

ⓒ2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ⓒ1989 清水香子
ⓒ2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ⓒ1989 清水香子

 9日から横浜ブルク13などで上映。

 ラーゲリとは、第2次世界大戦で旧ソ連に戦争捕虜として拘留された人々が暮らした強制収容所のこと。極寒のシベリアで、飢餓や重労働を強いられたことで多くの命が失われた。

 そのラーゲリで戦後9年近くを過ごし、最後まで日本へ帰る希望を失わなかった山本幡男(はたお)の壮絶な半生を描く。

 満州から引き揚げる際、身に覚えのないスパイ容疑で収容された山本(二宮和也=写真)。日本にいる妻モジミ(北川景子)と子どもたちとの再会を信じ、仲間を励ましながら明るく過ごそうと腐心する。そんな山本の人間らしい言動は、絶望に包まれていた人々の心を次第に解きほぐしていった。

 終戦から8年が過ぎ、モジミからのはがきが届く。「待っています」との言葉を喜ぶ山本だが、過酷な環境で弱った体は病魔にむしばまれていた。家族への遺書を書くものの、文字を書き残すことはスパイ行為とみなされていた。危惧した通りに遺書は没収されるが、仲間たちは驚くべき方法で山本の思いをつなぎ、日本へと持ち帰る。

 二宮をはじめ、松坂桃李、中島健人、桐谷健太、安田顕と演技派がそろい、当時の悲惨な状況がリアルに伝わる。原作は辺見じゅんのノンフィクション「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」。事実に基づく話だけに、帰国を切望した山本と、その思いを家族へ伝えようとした仲間たちの必死さ、待ち続けた家族の切なさが、一層胸に迫った。

監督/瀬々敬久
製作/日本、2時間14分

2022年12月9日公開 | 2022年12月9日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


シネマ散歩この痛み、直視せよ 映画「あのこと」
シネマ散歩日本映画史に残る感動ヒューマンミステリー 映画「ある男」
シネマ散歩映画「ザ・メニュー」 極上のスリル、驚愕のフルコース・サスペンス

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ポモロントマト 湘南J・RED(山北町)のポモロントマト 神奈川初のブランドトマト

    湘南J・RED(山北町)

  2. 神奈川のご当地パン 横須賀・中井パン店のポテチパン ポテトチップスにキャベツとマヨネーズあえた人気商品

    中井パン店(横須賀市)

  3. ウワサの自販機 いつでもヨックモック

    ラゾーナ川崎プラザ1階

  4. シルスマリア本店 神奈川の気になるソフトクリーム 「生チョコソフト」(平塚市)

  5. 岩手県野田村のふるさとの駅 神奈川の気になるソフトクリーム 「のだ塩ソフト」(川崎市高津区)

人気タグ