かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. ゆずの魅力 珍味「柚節」

推し 欠かせない名脇役
ゆずの魅力 珍味「柚節」

  • すっぽん料理&懐石 和亭 福味(川崎市川崎区)

シェア・新聞購入ボタン

ユズ皮とみその境目がうっすらとみえる珍味「柚節」
ユズ皮とみその境目がうっすらとみえる珍味「柚節」

 複合施設「ラ チッタデッラ」近くにあるすっぽん料理店「和亭 福味」(川崎市川崎区)。有名ホテルなどで腕を磨いた料理人歴58年の若尾文之さん(74)が手がける自慢の料理と、自家製珍味がそろう。

 そのうちの1つがユズを使った「柚節(ゆぶし)」だ。


持ち帰り用で1個2200円
持ち帰り用で1個2200円

 果肉をくり抜いたユズにみそとかつお節を詰め、蒸し、1カ月以上乾燥させたもの。

 みそがしみ出して見た目は真っ黒、水分が抜けてサイズは半分ほどになる。


「珍味3種盛り」
「珍味3種盛り」

 薄くスライスして酒のお供に食べるのが定番。端をかじるとユズとかつお節が香り、マイルドなみそはユズ皮の苦みもあり複雑な味わいだ。

 「八丁みそ5種をブレンドしている」と若尾さん。細かく砕いてうどんなどに添えてもおいしいという。


職人肌の若尾文之さんは「おいしいものを食べて、喜んでほしい。それだけ」
職人肌の若尾文之さんは「おいしいものを食べて、喜んでほしい。それだけ」

 毎年12月上旬に大ぶりで上質なユズを仕入れ、200個ほどを仕込む。「キズがあると、蒸したときに爆発してしまう」とパートナーの櫻井真理子さん。

 店内で「柚節」(940円)、「珍味3種盛り」(1080円)などで提供するほか、飲食した客には持ち帰り用も販売している。



 すっぽん料理&懐石 和亭 福味:川崎市川崎区小川町2の11。JR川崎駅徒歩8分。午後5~10時。日・月曜休み。電話044(245)2633。

 ▷すっぽんのコースは1人1万800円~(要予約、2人前から)。

2022年12月17日公開 | 2022年12月17日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


欠かせない名脇役ゆずの魅力 「ゆず塩とんこつラーメン」

ラーメン あじゃあら(横浜市緑区)

欠かせない名脇役ゆずの魅力 特産品「藤野ゆずワイン」

ふじの(相模原市緑区)

欠かせない名脇役ゆずの魅力 「柚子マーマレード」

新倉さんちの手作りジャム(横須賀市)

欠かせない名脇役ゆずの魅力 「柚子アールグレイ」と「柚子と味噌のフィナンシェ」

パティスリー&カフェ ドミネジョワ(平塚市)

欠かせない名脇役ゆずの魅力 天然のアロマオイル「ユズ精油」

松田ブランド認定品


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 和菓子 奥深き「おはぎ」の世界 おはぎともなかと(厚木市)

    おはぎともなかと(厚木市)

  2. スラムダンク 「SLAM DUNK」デザインの雑貨販売 横浜赤レンガ倉庫に「イノウエバッジ店」限定オープン

    横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)

  3. 和菓子 奥深き「おはぎ」の世界 おはぎ専門店 ももすず(川崎市高津区)

    おはぎ専門店 ももすず(川崎市高津区)

  4. 和菓子 奥深き「おはぎ」の世界 こゆるぎ茶屋(小田原市)

    こゆるぎ茶屋(小田原市)

  5. 戯曲 大恐慌背景に米国崩壊描いた群像劇 KAATで戯曲「アメリカの時計」15日から

    KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)

人気タグ