かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 針と糸でつむぐ独自の表現 沖潤子、鎌倉で個展「さらけでるもの」

気になる 刺しゅう
針と糸でつむぐ独自の表現 沖潤子、鎌倉で個展「さらけでるもの」

  • 県立近代美術館鎌倉別館(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

刺しゅうという枠にとらわれず、表現された作品が並ぶ=県立近代美術館鎌倉別館
刺しゅうという枠にとらわれず、表現された作品が並ぶ=県立近代美術館鎌倉別館

 刺しゅうを使った作品を手がける鎌倉市在住のアーティスト沖潤子の個展「沖潤子 さらけでるもの」が、県立近代美術館鎌倉別館(鎌倉市)で開かれている。

 衣類やバッグなど既製品に刺しゅうを施した初期の作品から、絵画や彫刻などの領域を超えた最新作まで約80点を展示。刺しゅうの概念を超えた表現を続ける作家の全貌を見ることができる。

 母が残した布や糸をきっかけに2002年から独学で刺しゅうを始めた沖。「母の死を機に自分の心と向き合い、進む道が明確になった」と振り返る。

 さらに幼かった娘から誕生日に手提げ袋を贈られ、「母の遺品の大事な布を大胆に切り、無邪気に刺しゅうしたバッグを見て、自分が求めていた表現が見えた」ことも作家活動の契機になったという。

 制作時は下絵を描かず、思うままに針を運ぶ。糸の絡まりや引きつれ、ほつれも表現の形として進め、緻密な針目が布をはい回るように、抽象的なモチーフや直線を描く。


最新作の「exposed」=県立近代美術館鎌倉別館
最新作の「exposed」=県立近代美術館鎌倉別館

 古い布との出合いから生まれた初期の作品「祈り」(09年)は、十字架のような形を運針で描き、古い木枠を額縁にした。素材となる「もの」が歩んできた歴史に寄り添うように一針一針、布に糸をくぐらせ時間を重ねる。「それらと混ざり合うために無心で針目を進める」という。

 立体的な作品も手がける。打ち上げ花火の火薬を詰める容器「玉皮(たまがわ)」を使った「初恋」(15年)は、球体の容器に沿って白布を何枚も縫い合わせ、同色の糸で繊細な模様を刺しゅうした。

 同展の英語タイトルと同名の最新作「exposed」(22年)は、鮮やかな黄色の布に厚く細かい縫い目が際立つ。沖は「言葉を探すように針目を追いかけている。これからも紡いでいきたい」と力を込める。

 1月9日まで。月曜と12月29日~1月3日休館。午前9時半~午後5時。一般700円ほか。問い合わせは同館、電話0467(22)5000。

2022年12月19日公開 | 2022年12月19日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


文化部員の体験記ファン垂涎のビンテージがずらり 「スカジャン展」に行ってみた 

横須賀美術館(横須賀市)

アート国内最大規模のビーズの祭典 横浜・大さん橋でビーズアートショー
展覧会「CLOTH×OVER 糸と布 日常と生を綴る」 新しい美術表現を追求、3人の若手作家を取り上げた展覧会

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. 小松菜 教えて!緒方湊くん 野菜ソムリエプロに聞くおいしい野菜&フルーツの見分け方<小松菜編>

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎのしっぽ 海老名ビナウォーク店(海老名市)

人気タグ