かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. タイ料理店「マッサマン タイキッチン」(大磯町) ランチでしか味わえない、絶品ダブルカレー

うまい タイ料理
タイ料理店「マッサマン タイキッチン」(大磯町) ランチでしか味わえない、絶品ダブルカレー

  • マッサマン タイキッチン(大磯町)

シェア・新聞購入ボタン

ダブルカレー(マッサマンカレー=手前右=とナスとチキンのグリーンカレー)1510円など。※オードブル付き。右奥は1日10個限定のマンゴープリン

 本場の味が楽しめると評判のタイ料理店「マッサマン タイキッチン」。タイ・バンコクでレストランオーナーをしていた浜田チャダポンさん(61)と娘の明奈さん(23)の二人三脚で切り盛りし、もちもち麺のパッタイやカオマンガイなど、ディナーでは32種類もの料理を提供する。

 7種のスパイスを使う宮廷料理のマッサマンカレーとグリーンカレーの両方が味わえるダブルカレーセットはランチのみの人気の品だ。



 マッサマンはスパイスの複雑な香りとココナツミルクのマイルドさが見事に調和し、グリーンカレーも絶品だ。

 「素材を味わってもらうため辛さは控えめ」とチャダポンさん。

 材料はタイの食材専門輸入業者から仕入れ、タイ米も現地のブランド米を使う。ほとんどの料理に使うだしは、多彩な野菜や鶏肉などをぜいたくに使い毎日仕込む。



 デザートやドリンクにも手を抜かない。「盛り付けや味、雰囲気、すべてお客さんに喜んでもらいたい。おいしかったと言われるのがうれしい」と2人はほほ笑む。

 明奈さんが手掛ける絶妙なマンゴープリンも味わってほしい。



2022年12月22日公開 | 2022年12月22日神奈川新聞掲載


マッサマン タイキッチン

住所 大磯町大磯1045の6
アクセス JR大磯駅徒歩5分
電話 0463(62)1787
営業時間 午前11時~午後2時半ラストオーダー/午後5時半~同8時半ラストオーダー
定休日 月曜休み
備考欄 年末は31日のランチまで営業。年始は1月2日から。
すべてのメニューがテイクアウト可能。注文を受けてから作るため電話予約が望ましい。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


タイ料理39タイレストラン(横浜市港南区) 蒸し鶏をご飯の上にのせた「カオマンガイ」目当ての客が多い

39タイレストラン(横浜市港南区)

パイナップル料理で気分は南国タイ料理889(鎌倉市)のパイナップルチャーハン 見た目も味も南国感満点

タイ料理889(鎌倉市)

涼を感じる冷たいメニューmm THAI(横浜市西区)の冷製トムヤムヌードル トムヤムクンを、冷たい麺料理にアレンジ

エムエム タイ(横浜市西区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. 小松菜 教えて!緒方湊くん 野菜ソムリエプロに聞くおいしい野菜&フルーツの見分け方<小松菜編>

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎのしっぽ 海老名ビナウォーク店(海老名市)

人気タグ