かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 神奈川の文学界、2022年を振り返る 砂川が芥川賞、逢坂のデビュー作が大ヒット

気になる 回顧2022
神奈川の文学界、2022年を振り返る 砂川が芥川賞、逢坂のデビュー作が大ヒット

11月に神奈川大学図書館で開催されたトークイベントに出演した砂川文次=神奈川大学横浜キャンパス(横浜市神奈川区)
11月に神奈川大学図書館で開催されたトークイベントに出演した砂川文次=神奈川大学横浜キャンパス(横浜市神奈川区)

 1月、神奈川大学出身の砂川文次が「ブラックボックス」で第166回芥川賞を受賞した。社会と自分自身にいらだち、もがき続ける自転車メッセンジャーの姿を圧倒的な熱量で描き、緻密な描写と今日的な主題が高く評価された。

 1990年生まれの砂川は自衛隊在籍中に書いた「市街戦」(2016年)で文学界新人賞を受賞しデビュー。芥川賞は3度目のノミネートで受賞となった。

 逢坂冬馬のデビュー作「同志少女よ、敵を撃て」が累計48万部を超えるヒットを記録した。日本出版販売とトーハンが発表した22年上半期のベストセラー2位。本屋大賞も受賞し、今年を代表する一作になった。

 第2次世界大戦中のソ連で、ドイツとの戦いに身を投じていく女性狙撃兵たちの過酷な物語だが、魅力的な人物造形と読みやすい文体で若い世代にも支持された。逢坂は1985年生まれ、明治学院大学卒業。

 また、座間市在住の高校3年生、高野知宙(ちひろ)が第3回京都文学賞中高生部門最優秀賞を受賞。受賞作を改題した「ちとせ」で小説家デビューを果たした。

 10月、神奈川近代文学館館長の辻原登が文化功労者に選ばれた。歴史活劇や犯罪小説など幅広いジャンルの作品を手がけているほか、93年から2019年まで東海大学で教壇に立つなど、文学の振興にも力を注いでいる。

2022年12月26日公開 | 2022年12月26日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


回顧2022神奈川の映画界、2022年を振り返る トム・クルーズ、3年10カ月ぶり来日
回顧2022神奈川の音楽界、2022年を振り返る 大型イベントに再開の動き
回顧2022神奈川の演劇界、2022年を振り返る 日本復帰50年 沖縄の演目相次ぐ
回顧2022神奈川の美術界、2022年を振り返る 「鎌倉殿の13人」でも活躍、三浦一族の特別展が活況
回顧2022神奈川の古典芸能、2022年を振り返る 横浜にぎわい座が開館20周年

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. 小松菜 教えて!緒方湊くん 野菜ソムリエプロに聞くおいしい野菜&フルーツの見分け方<小松菜編>

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎのしっぽ 海老名ビナウォーク店(海老名市)

人気タグ