テーマ特集

銭湯&湯上がりスポット③

湯上がりのビールはメニュー多彩の食堂で

三ちゃん食堂(川崎市中原区)

2018年1月27日 神奈川新聞掲載

 そびえ立つ煙突に富士山のペンキ絵、黄色い桶(おけ)。長年、庶民の“社交場”として親しまれてきた銭湯。一年で一番寒さが厳しくなるこの季節、湯船につかって温まり、くつろいでみませんか? 湯上がりスポットとともに紹介します。(3/14)

丸子温泉の湯上がりスポット

→ 「丸子温泉」の記事はこちら

手前から時計回りにヤキ肉、ハムカツ、生ビール

 平日の正午。開店とともに客がどっと流れ込み、60以上ある丸いすが次々と埋まっていく。

 のれんには中華料理とあるが、焼き物、煮物、揚げ物、刺し身、カレーなどメニューは豊富で、その数140種類以上。大盛りの丼やラーメンをかきこむサラリーマンがいたり、早い時間からビールを飲んでまったりする熟年カップルがいたりと、店を思い思いに楽しむ。

メニューの多さに圧倒される

 湯上がりの「生ビール・中ジョッキ」(450円)のお供に、豚バラを甘辛のタレで味付けした「ヤキ肉」(650円)や衣がサクサクの「ハムカツ」(250円)がお薦め。

 同店は、1967年に先代の三之助さんが、ラーメン店を開いたのが始まり。かわいい店名は、あだ名から付けた。酒が進むメニューが多いのは、先代が大の居酒屋好きだったからだという。2代目店主の中山知久さん(67)は「うちは食堂だよ」と、ちゃめっ気たっぷりに話した。


三ちゃん食堂
住所 川崎市中原区新丸子町733
アクセス 東急東横線新丸子駅徒歩2分
電話 044(722)2863
営業時間 正午~午後8時
定休日 水曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

同じテーマの記事

テーマ特集まとめ

テーマ特集まとめ一覧を見る

Instagram

@imakana777