テーマ特集

平成プレーバック・スイーツ編⑥

天然氷のかき氷(2015(平成27)年)

わたぼうし(海老名市)

2019年1月26日 神奈川新聞掲載

 残り少ない平成を、一世風靡(ふうび)したスイーツで振り返りましょう!(6/6)イマカナ情報は、インスタグラム(imakana777)でも発信中


「ちょこみんとみるく」かき氷。ベレー帽のようなホイップクリームがかわいい。

【わたぼうし】ちょこみんとみるくは1月限定

 夏祭りや海の家などで食べるかき氷とは一線を画す、行列に並んででも食べたい“こだわりのかき氷”の人気が続いている。

 2015年オープンの同店は、山梨の蔵元「八義」の天然氷を使ったかき氷が一年中食べられるかき氷専門店だ。ふわふわに削った口溶けのよい氷に、旬のフルーツなどを使った自家製のシロップと自家製練乳がたっぷり。「いちご練乳」などの定番6種と、月替わりのメニュー2種を用意する。食べ飽きないよう、氷とシロップを3層に重ねたり、中に新鮮なフルーツなどを忍ばせたりといった工夫もある。



 1月限定メニュー「ちょこみんとみるく」(天然氷千円、純氷850円)は、ミントシロップとチョコレート、練乳を重ね、クリームチーズのホイップクリームを載せた爽やかな一品。食べていく途中で顔を出すココアパフのカリカリした食感も楽しい。人気が高く、定番化の予定だ。

☆天然氷と純氷が選べる。テークアウト可


わたぼうし
住所 海老名市東柏ケ谷1の24の12
アクセス 相鉄線さがみ野駅徒歩5分
電話 080(8166)3938
営業時間 午前11時半~午後6時半L.O.(氷・シロップがなくなり次第閉店)
定休日 月曜休み(臨時休業日などはツイッターで随時案内)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

同じテーマの記事

テーマ特集まとめ

テーマ特集まとめ一覧を見る

Instagram

@imakana777