かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. おいしさ届けるプリン

産地直売 牛乳
おいしさ届けるプリン

  • 2016年5月5日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

中村康弘さん、雅子さん夫妻。お菓子は昌子さん一人で作っている
中村康弘さん、雅子さん夫妻。お菓子は昌子さん一人で作っている

 心地よい風が吹き抜ける牛舎に入ると、視線を感じる。「新参者」をよく見ようと、牛たちが身を乗り出していた。「みんな産前産後の母牛なんです」と、勝栄舎牧場の3代目牧場主中村康弘さん(51)。活発で元気な乳牛26頭を、たった一人で面倒を見ている。

 祖父の勝雄さんが戦前から営んでいた牧場を、1951年に法人化した。栄養価の高い牛乳の増産が求められた時代だった。父の将一さんは約50頭を飼育していた。


「とろけるプリン まきばの贅沢」(左)と「ホームメイドプリン」
「とろけるプリン まきばの贅沢」(左)と「ホームメイドプリン」

 将一さんが引退してからは、徐々に頭数を減らした。その分1頭当たりの搾乳量を増やしたいところだが、「牛を追い込んじゃいけない」と康弘さんは考えている。餌は牛乳の味に直接反映する。過剰に与えると体調が悪くなることもある。「健康な牛のおいしい牛乳を飲んでもらいたいから」と康弘さんは母牛たちを慈しんでいる。

 こうした康弘さんの努力も、出荷するとほかの乳と混ぜられ一律価格となってしまう。牧場の牛乳を消費者に直接届けたいと始めたのが、妻の雅子さん(42)による菓子作りだ。大人気となったプリンは、ひとさじ目のクリーム層が特徴だ。伊勢原産の卵も使い、土産にも喜ばれている。牧場直営の菓子工房で販売している。


牛舎の牛
牛舎の牛

 康弘さんは、市内の他の牧場と連携し、「伊勢原産牛乳を商品化して、もっと飲んでもらおう」というプロジェクトにも積極的だ。酪農への理解を深めてもらうイベントもプロジェクトで開催し、新しく造成された宅地の住民にも気配りを忘れない。「伊勢原に牧場があってよかった」と思ってもらえるように、中村さん夫妻は願っている。

★お薦め品

とろけるプリン まきばの贅沢(ぜいたく) 1瓶378円

ホームメイドプリン 1個540円

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ