かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 規格外は完熟アイスに

産地直売 黒川トマト
規格外は完熟アイスに

  • 2016年8月11日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

市川正彦さん
市川正彦さん

 多摩丘陵の豊かな自然が残る、川崎市麻生区の黒川地区。丘陵と谷戸の入り組んだ地形を生かした農業が盛んだ。昔からトマトの名産地としても知られており、「黒川トマト」の愛称で親しまれている。


市川正彦さんが育てたトマト
市川正彦さんが育てたトマト

 市川正彦さん(74)は、生まれ育った黒川で60年以上前からトマトを生産している。8月末までは、皮がしっかりとして、酸味と甘みのバランスがよい品種「麗夏」を露地で栽培する。トマトは温度管理が大切といい、気温が高くなればなるほど、実が大きくなるという。「以前、ハウスでカボチャほどの大きさのトマトが育った。重さを量ったら1・3キロもあったよ」と笑う。

 大きすぎたり、傷が付いたりして売り物にならない完熟トマトは、5年ほど前からアイスクリームの原料になっている。市川さんのトマトにほれ込んだ常連客が、東京都稲城市のアイスクリーム製造・販売店「エル・シエロ」を紹介してくれたのがきっかけだった。アイスクリームには、乳製品と卵は使わず、トマトのしっかりとした風味が楽しめる。後味はさっぱりとしていて、暑い夏に喉を潤すのにぴったりだ。

 市川さんがトマトの栽培を始めたのは、中学に入学してすぐ。小学5年生のときに父親が他界し、トマトの生産で家庭を支えていた母親の背中を見て育った。「手伝うのは、ごく自然のことだった。近所のトマト農家の皆さんが協力してくれて、農業をやりながら高校も卒業できた。なんとか80歳まで頑張って続けたい」と意欲をみせる。


完熟トマトアイス
完熟トマトアイス

 トマトとアイスクリームは、いずれもJAセレサ川崎直営の大型農産物直売所「セレサモス 麻生店」で購入できる。トマトは1袋(800グラム)200~250円。1日60~80袋を出荷するが、土日・祝日は完売するという。8月末まで販売する「完熟トマトアイス」は1個250円。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ