かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 人気の秘密は「甘さ」

産地直売 イチゴ
人気の秘密は「甘さ」

  • 2017年3月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

小清水さん
小清水さん

 小田原・蓮正寺地区の商業施設が立ち並ぶ通りを一歩入ると、住宅に囲まれるようにイチゴのハウスがある。この地で1万株のイチゴを栽培する小清水規さん(32)は、イチゴの品評会で農林水産大臣賞を2度受賞した経歴を持つ祖父・理夫さん(81)に学びながら、若手営農家ならではの挑戦を続けている。


イチゴ「さちのか」
イチゴ「さちのか」

 「小田原はかつて、イチゴの大産地だったんです」。小清水さんが、そう切り出した。小田原のイチゴ栽培は戦前から始まったとされ、大消費地の東京に近い温暖な環境や、石垣で栽培していた時代に河川の石を調達できる強みから、栽培農家も多かった。現在は市内に十数軒が残る程度。高度経済成長期をピークに生産・出荷量とも減少傾向にあり、現在ではそのほとんどが市内や近隣で消費されている。

 その背景について小清水さんは、「高速道路の発達で、栃木県や静岡県のイチゴが首都圏に流通するようになったこと。そして、小田原市内の宅地開発が進んだこと」を挙げる。

 しかし、小田原産のイチゴには根強いファンが多い。他の産地に比べて高額にもかかわらず、市内の売り場ではすぐに売り切れ、簡単に手に入らない。人気の秘密は、「甘さ」なのだという。「消費者と距離が近い分、熟度が高いイチゴを出荷できる。実際、甘いイチゴにリピーターが増えています」と小清水さん。


イチゴの苗
イチゴの苗

 栽培にあたっては土壌の状態が重要だ。肥料が多過ぎても実付きが悪くなるため、産地全体で土壌診断を行い、肥料分の割合を科学的に調べた上で、米ぬか、菜種かすなどを配合したイチゴのための肥料を使っている。土や肥料が最適なら味も間違いないというわけだ。

 4代目となる小清水さんは、「うちのイチゴが一番おいしい」と思いながら成長した。県農業技術センターに勤務した後、25歳で就農。「イチゴ栽培は狭い土地でも工夫次第で結果が出せる面白さがある」と、目を輝かせる。

 張りのある果肉をかじると、果汁があふれ出す。この甘みと印象的な香りが、消費者をとりこにしている。出荷は5月上旬まで。

★お薦め品

◇イチゴ「さちのか」

 1パック1200円~


※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ