かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 世界各国のスパイスを配合

産地直売 マヨネーズ
世界各国のスパイスを配合

  • 2018年1月18日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

山下マヌーさん
山下マヌーさん

 卵と酢とオイル、塩コショウなどシンプルな素材を組み合わせただけなのに、あると食卓が豊かになる不思議な調味料「マヨネーズ」。旅人の視点で数多くの旅行本を手掛ける横浜市中区在住の山下マヌーさんが仲間と立ち上げたマヨネーズブランド「Spice and Peace Mayonnaise Factory」(同区)が、じわじわとその人気を広げている。


左から「ガラム・マサラ」(135グラム)、「黒七味」(135グラム)、「マウイ・シュガー」(195グラム)「チリ・パプリカ」(135グラム)、各600円
左から「ガラム・マサラ」(135グラム)、「黒七味」(135グラム)、「マウイ・シュガー」(195グラム)「チリ・パプリカ」(135グラム)、各600円

 山下さんが旅先で出合ったスパイスを取り入れ、料理の“主役”にも“名脇役”にもなる商品に仕立てた「クラフトマヨネーズ」の数々。山下さんは「マヨネーズは食べた人に幸せな気分を与えてくれる不思議なソース。“多幸性調味料”です」とほほ笑む。

 広さ10畳ほどのガレージを小さな工場に改装し、試行錯誤を繰り返しながら半年掛けてオリジナルレシピを完成させた。国産の鶏卵に果実酢や米酢、米油、天然塩など世界各国のスパイスを独自に配合。保存料や添加物を使わない、安心安全な製法もこだわりの一つだ。昨年10月からオンライン販売を開始し、週末は横浜市内や都内などで開かれるマルシェなどで対面販売を行っている。


材料の調合と、マヨネーズの瓶詰め作業
材料の調合と、マヨネーズの瓶詰め作業

 1番人気の「MAUI SUGAR(マウイ・シュガー)」は、ハワイのマウイ島で採れるサトウキビをブレンド。サトウキビの優しい甘さが豊かな味わいを与え、サラダやサンドイッチなど、どんな料理にも合う。

 日本の香辛料、黒煎(い)り七味と数種類のサンショウに竹炭を合わせた「KURO-SHICHIMI(黒七味)」は、ソテーした魚との相性抜群。メキシコ産のチリのピリ辛さとパプリカの甘さがマッチした「CHIRI PAPRIKA(チリ・パプリカ)」は、鶏肉や豚肉料理に合う。インドのミックススパイス入り「GARAM MASARA(ガラム・マサラ)」はクミンなどのスパイシーな風味が癖になる。「料理する人の数だけレシピは無限大に広がる」と山下さん。

 今月新たに「BASILICO PEPPER(バジリコ・ペッパー)」が加わり、フレーバーは5種類になった。20、21日に出店する「横浜北仲マルシェ」(横浜市中区)には新商品が初お目見え。3月に横浜赤レンガ倉庫で開催される「パンのフェス2018春」では、元町の老舗「ウチキパン」と協力し、イギリスパン「イングランド」とクラフトマヨネーズを合わせたコラボパンも販売する予定だ。

 「おいしいものを食べると笑顔になって、心も豊かになる。そんな魔法のソースを世界中に広げたい」と、山下さんは語った。


マルシェでは、手作りのポップで商品をPR

ここで買える

☆公式サイト(https://spiceandpeace.shopinfo.jp)のオンラインショップから。送料別途。詳細・問い合わせは、工場電話044(767)9580。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ