かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 大溶岩窯で焼き上げる、父からレシピを継承

テーマ特集 奥深い食パンの世界④
大溶岩窯で焼き上げる、父からレシピを継承

  • 2018年4月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 材料や発酵方法、焼き方によってさまざまな味わいや食感が楽しめる食パン。こだわりの材料や独自製法を打ち出し、差別化を図る評判店や専門店が続々と登場しています。シンプルに見えて奥深い、食パンの世界へ誘います。(4/6)


柔らかな口当たりで人気のメアリッチ
柔らかな口当たりで人気のメアリッチ

【店溶岩窯パン工房 ブロートバウム】メアリッチ

 津久井浜の海岸沿いにある人気のベーカリー。地元出身でドイツへの修業経験もある佐藤賢一郎さん(39)が2008年に店を開いた。

 大きな溶岩窯で焼く種類豊富なパンは常時70種類ほど。食パンは4種類で、人気は「メアリッチ」(1本780円、1斤260円)。焼き上がったばかりの表面に無塩バターをたっぷり塗る、柔らかな口当たりの食パン。

 通常のオーブンよりも高温の遠赤外線を発する溶岩窯は、短時間で焼き上がり、生地の中の水分を逃さずもっちりとした食感に仕上がる。さらに、厳選した小麦と「ルヴァンリキッド」という自然発酵種を使用し、小麦本来の香りと甘味も引き出している。


縦約15センチX横約11.5センチ
縦約15センチX横約11.5センチ

 店主の佐藤さんは「メアリッチはパン店を営んでいた父から受け継いだレシピの食パンです。一度焼き上がりをそのまま食べてみてください」。そして、「海岸で食べるときはトンビに気を付けて」と笑う。


店主の佐藤さん
店主の佐藤さん

海岸通りに建つブロードバウム
海岸通りに建つブロードバウム

溶岩窯パン工房 ブロートバウム

住所 横須賀市津久井2の3の10
アクセス 京急線津久井浜駅徒歩5分
電話 046(847)0674
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 火曜、第2月曜休み(祝日は営業)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ