かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 旧社紋を探せ! レトロな2段階傾斜屋根

テーマ特集 ユニーク駅舎⑥
旧社紋を探せ! レトロな2段階傾斜屋根

  • 2018年5月12日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 個性的なデザイン、だけど街の風景になじんでいて欠かせない存在-。そんなユニークで地元住民から親しまれている駅舎を訪ねてみました。駅近くのお薦め立ち寄りスポットも紹介。行楽シーズン、ぶらりと探索はいかが。(6/6)

【小田急線向ケ丘遊園駅】


1日の乗降人員は約6万7千人

 レトロな雰囲気を残す北口の駅舎。「マンサード型」と呼ばれる屋根は、2段階の傾斜が特徴だ。旧小田原急行鉄道時の1927年、稲田登戸駅として建てられた(55年向ケ丘遊園駅に改称)。2階の小窓上部には建設当時の旧社紋が残されている。


小田急線向ケ丘遊園駅

住所 川崎市多摩区登戸2098

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

立ち寄りスポット


地元食材ふんだんに “旬がある”専門店

【ベーグルカンパニー】 「この辺は生田緑地が近いし、緑が多くて良いですね」と語るのは、店主の茶野(ちゃの)佐知子さん(53)。地元で取れた野菜や果物、自ら収穫した食材を具材にした“旬がある”ベーグル専門店だ。5月は川崎市高津区で取れたブンタンのピールを使った爽やかなベーグル(350円)が登場する。


 ラッピングには小さなベーグルのチャームが付く。商品と同じ生地を、同じ工程で焼き上げた手の込んだものだ。



ベーグルカンパニー

住所 川崎市多摩区東生田1の2の12の101
アクセス 小田急線向ケ丘遊園駅徒歩3分
電話 044(900)8700
営業時間 午前10時~午後7時(売り切れ次第終了)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ