かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. スパイス香る♡大人の逸品

テーマ特集 幸せになるスパイス&ハーブ③
スパイス香る♡大人の逸品

  • アンプティフルール(相模原市南区)
  • 2018年8月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 夏バテはしていませんか? スパイス&ハーブを使って、残暑を乗り切りましょう。お手軽レシピや上手な楽しみ方を聞いたほか、おしゃれな串焼き、スイーツなど、さまざまな魅力に迫りました。(3/6)

【アンプティフルール】アレルギー対応の菓子も豊富


1切れずつ包装してある。スライスする場所によって内容が少しずつ違うので、選ぶ楽しみもある
1切れずつ包装してある。スライスする場所によって内容が少しずつ違うので、選ぶ楽しみもある

 2002年にオープンしたケーキショップ。季節感漂うかわいらしい店内には、オーナーパティシエの佐々木広さん(56)が手掛けるフレッシュなケーキやクッキーなどが並ぶ。アレルギー科がある国立病院機構相模原病院に近接する同店は、乳、卵、小麦を使っていない菓子も多数取りそろえる。

 その中の一つ、「クラシックフルーツケーキ」(1カット170円)は、スパイス香る大人向けの逸品だ。使われているのは、シナモン、ナツメグ、コリアンダー、クローブ、アニスの計5種類。甘い香りのアニスは入れ過ぎるとクセがあるが、「各スパイスを一つにまとめるのに欠かせません」(佐々木さん)。


クラシックフルーツケーキ
クラシックフルーツケーキ

 レーズンやアンズなどのドライフルーツと、カソナード(砂糖)、スパイスを1カ月ほど洋酒に漬け込み、たっぷりのナッツと小麦粉を加えじっくり焼き上げる。「時間がたつほどに全ての味がまとまっておいしくなります」と佐々木さん。女性だけでなく男性にも、ワインやブランデーに合うと好評だ。

食べてみました!クセになる甘さと歯応え

 複雑で不思議なスパイスの香り。ドライフルーツの濃厚な甘さとナッツの歯応え。これはクセになること請け合い。カットごとに表情が違うのも楽しい、大人の味です。(庄)



アンプティフルール

住所 相模原市南区相模台1の1の12
アクセス 小田急線小田急相模原駅からバスで国立相模原病院下車1分
電話 042(743)8739
営業時間 午前10時~午後8時(日曜は同7時)
定休日 水曜休み。
公式HP http://www.anpetitfleur.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


夏バテしてません?幸せになるスパイス&ハーブ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ