かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 日本酒 新川の郷

テーマ特集 新酒に酔う⑤
日本酒 新川の郷

  • 新川屋酒店(川崎市川崎区)
  • 2018年12月1日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 新酒の季節になりました。出来たての日本酒やワインを味わってみませんか。醸造したてのビールも合わせて紹介します。(5/6)


【新川屋酒店】どんな料理にもよく合う

 酒店で購入した酒やつまみをその場で楽しむ角打ちの店。1958年に東京都大田区の雑色から川崎へ移転し、現在は3代目の田西淳三さん(74)が店を守る。

 自動販売機を挟んで、ドアが二つ。酒店のドアを開けると商品とレジ、奥には酒のケースを並べた椅子とテーブルがある。狭い通路の先は立ち飲みスペースだ。

 お薦めは、同店オリジナルの日本酒「新川の郷(さと)」(1合356円)。長野県信州銘醸の酒で、辛過ぎず甘過ぎず、どんな料理にもよく合う。12月上旬には新酒「会津ほまれ にごり酒」(1合302円、1人2杯まで)が入荷する。こちらは冬期限定だ。


 店内は、昭和の雰囲気を色濃く残す。「お客さん同士が仲良くなれるのが、角打ちの良いところ」と、温和な表情で話す田西さん。その紳士的な人柄に引かれて訪れる客も多い。


店の奥にはぬか床があり、注文が入ると出してくれる。深漬けは人気で売り切れることも。キュウリの漬物(216円)
店の奥にはぬか床があり、注文が入ると出してくれる。深漬けは人気で売り切れることも。キュウリの漬物(216円)

新川屋酒店

住所 川崎市幸区南幸町3の104
アクセス JR尻手駅徒歩1分
電話 044(522)4830
営業時間 月~土曜午後5~11時
定休日 日曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


いい季節になりました新酒に酔う

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ