かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 家族でシェアも ボリューム満点の一品

テーマ特集 チャーハン食べたーい⑤
家族でシェアも ボリューム満点の一品

  • ラーメン中華食堂 新世 本店(川崎市川崎区)
  • 2018年12月8日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 中華料理の定番メニュー「チャーハン」。シンプルなものから、オムライス風、揚げた鶏肉が載った一皿まで、種類は多彩です。おいしさを求め、各地を訪ねました。(5/6)


チキンチャーハン
チキンチャーハン

【ラーメン中華食堂 新世 本店】

チキンチャーハン(885円)

 産業道路沿いにある中華料理店。「チキンチャーハン」(885円)は、500グラム以上のチャーハンに手のひらサイズの鶏肉を揚げた「サクサクチキン」がドーンと3枚載った、看板メニューだ。

 ネギと卵、なるとが入ったチャーハンは、ぱらぱらでシンプルな味付け。店長の濱野貴聡さん(30)は「油と卵で、米をしっかりコーティングするのが重要。作り始めの20秒で仕上がりが決まります」と話す。チキンは驚くほどやわらかい胸肉がパリパリの衣に包まれている。

 「“おなかいっぱいになる量”にこだわっています。ご家族ならシェアして楽しく食べてほしいですね」と、常務取締役の仲宗根慎さん(42)。店内には、自由に使える小皿や、持ち帰り用のパックを備える。


にんにくチャーハン
にんにくチャーハン

キャベツチャーハン
キャベツチャーハン

 そのほか、ニンニク(フライ・スライス・おろし)をふんだんに使った「にんにくチャーハン」(777円)や、濃厚なホイコーローに似た「キャベツチャーハン」(831円)も人気だ。

食べてみました

 定番の組み合わせながら、個性的な一皿。チキンはジューシーでしっかり味付けされていて、チャーハンがシンプルなことに納得でした。具のなるとが懐かしい印象。彩りのためかと思いきや、食べると意外な存在感です。クセになるおいしさで、ガッツリいただきました。



ラーメン中華食堂 新世 本店

住所 川崎市川崎区日ノ出1の1の16
アクセス 京急線産業道路駅徒歩5分
電話 044(266)4818
営業時間 午前11時~翌午前1時L.O.
定休日 無休。年内は30日まで、年始は1月2日から

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


定番中華チャーハン食べたーい

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 持つ・使う・贈る喜び 文具③ 横浜限定デザインに注目

    Smith ルミネ横浜(横浜市西区)

  2. 10連休!遊び尽くそう① 思い思いの“うんこワールド”を

  3. ホッと一息 表情豊かな駅のベンチ

  4. 表情豊かな駅のベンチ④ 「黄色いベンチ」と「背もたれサポーター」

    横浜市営地下鉄

  5. 表情豊かな駅のベンチ② 使い込まれたベンチ

    JR鶴見線 鶴見駅(横浜市鶴見区)

人気タグ