かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 思い思いの“うんこワールド”を

テーマ特集 10連休!遊び尽くそう①
思い思いの“うんこワールド”を

  • 2019年4月20日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 もうすぐ10連休。お出掛け先はもう決まりましたか??県内にもサーカスや映画祭、新たな施設など魅力的なスポットがそろっています。家族で、カップルで、楽しみませんか。(1/6)



【うんこミュージアム YOKOHAMA】7月までの期間限定オープン

 横浜駅東口の複合型エンターテインメント施設「アソビル」2階に7月15日まで期間限定オープン。その名の通り「うんこ」をテーマにしたアミューズメント施設で、汚いイメージを覆す、かわいくておしゃれな空間に子どもや若い女性が熱狂している。



 ミュージアム内は四つのエリアで構成。「うんこ広場」には、プロジェクションマッピングを投影した巨大うんこのオブジェがあり、その先端から定期的に噴出されるスポンジ製うんこに大歓声が上がる。「ウンスタジェニックエリア」には、ピンクや青など色とりどりのうんこと一緒に撮影ができるインスタ映えスポットが多彩。他にも「うんこ~っ」と叫ぶと、目の前の大画面にうんこが映し出されたり、便器形のホワイトボードにお絵かきができたりと、思い思いに“うんこワールド”を満喫できる。

 売店には、うんこをデザインしたアクセサリーや文具が並び、飛ぶように売れている。



うんこミュージアム YOKOHAMA

住所 横浜市西区高島2の14の9、アソビル2階ALE-BOX内
アクセス 横浜駅みなみ東口直結
営業時間 午前10時~午後9時(最終入場受け付けは同8時半)
公式HP https://ale-box.com/unkomuseum/
備考欄 不定休。料金(前売り)=中学生以上1600円、小学生900円、小学生未満無料。当日券は連日完売のため、同館ホームページから購入できる前売り券がお薦め

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


思い出いっぱいの大型連休を10連休!遊び尽くそう

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ