かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. しっかりとした木のベンチ

テーマ特集 表情豊かな駅のベンチ①
しっかりとした木のベンチ

  • JR横須賀線 北鎌倉駅(鎌倉市)
  • 2019年8月17日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 普段、何気なく座っている駅のベンチ。温かみを感じる木製から、有名デザイナーが手掛けたものまで、その“表情”は実に多彩です。読者から編集部に寄せられた「北鎌倉駅上りホームにある古めかしくしっかりとした木のベンチが大好き。ぜひ残してほしい」との声をきっかけに特集を企画し、ホッと一息つける各地の「顔」を訪ねました。(1/8)



【JR横須賀線 北鎌倉駅】昔も今も、変わらぬたたずまい

 JR北鎌倉駅の上りホームに据わる、しっかりとした木のベンチ。1930(昭和5)年開業の駅と共に、駅舎やホームの改修で変化しながらも歴史を刻み、多くの住民や鉄道ファンに親しまれてきた。

 木目には使い込まれたしっとりとした質感が漂い、背もたれ中央にある白く退色した部分は、人の行き交いを感じさせ味わい深い。


上りホームには屋根付きのベンチが見える=1968年8月
上りホームには屋根付きのベンチが見える=1968年8月

 30年近く通勤で利用し、駅の移り変わりを見てきた北鎌倉女子学園教諭の小林直寛さん(55)は「以前はベンチの上に古レールを柱に使った屋根が付いていました。(ホーム上屋設置で)屋根はなくなりましたが、今も寺や緑に囲まれた同駅の雰囲気に溶け込む姿は変わりません」と振り返る。


ベンチとつながった屋根が改修工事で短くなっている=2015年4月(小林直寛さん提供)
ベンチとつながった屋根が改修工事で短くなっている=2015年4月(小林直寛さん提供)

 97年に「関東の駅百選」に選ばれた駅は、春は桜、初夏はアジサイ、秋は紅葉などの観光客でにぎわう。

 同駅と鎌倉駅を管轄する鎌倉駅長の真野祐司さん(58)は、「景観になじむよう、北鎌倉駅のベンチは全て木製です。この駅ならではのぬくもりや風情を感じ、重ねてきた年月に思いをはせてみてください」と呼び掛けた。


駅舎改修前に使われていた古い駅名看板
駅舎改修前に使われていた古い駅名看板

JR横須賀線 北鎌倉駅

住所 鎌倉市山ノ内501
公式HP https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=563

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


ホッと一息表情豊かな駅のベンチ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. みんな大好きイモとアブラ③ フライや天ぷら、手作りのおかず

    栃木屋惣菜店(横浜市南区)

  2. みんな大好きイモとアブラ④ 「アヒージョ」の専門店

    アヒージョ専門店 スプーン(横浜市中区)

  3. みんな大好きイモとアブラ② じゃがいもとひよこ豆のコロッケ、おさつコロッケ

    シラハト商店(川崎市高津区)

  4. 洋菓子店・カフェ 地元に愛されるスイートポテト

  5. ソウルフード「駅そば」② 浸して食べてもおいしい

人気タグ