かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 長寿寺で見る紅葉は時期限定公開 秋の特別拝観もいかが

テーマ特集 紅葉&立ち寄りスポット④
長寿寺で見る紅葉は時期限定公開 秋の特別拝観もいかが

  • 長寿寺(鎌倉市)
  • 2019年11月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 木々が色づく季節になりました。見て、食べて、作って紅葉を楽しめるスポットを紹介します。(4/6)*紅葉の写真は原則、過去のものを使用。見頃は気候によって変動します。


(c)原田寛
(c)原田寛

【長寿寺】足利尊氏により建立された建長寺の塔頭寺院

 1336年に足利尊氏により建立された建長寺の塔頭(たっちゅう)寺院。2008年からアジサイと紅葉が見頃の時期限定で公開している。地元でもあまり知られていない穴場スポットだ。

 北鎌倉から建長寺方面へ歩き、かやぶき屋根の山門をくぐると、ひっそりとした日本庭園が現れる。緑豊かな境内奥の観音堂近くや庭の紅葉は、11月下旬ごろから。書院や小方丈の室内にも入ることができ、赤や黄に色づく庭を畳に座りながらゆっくりと眺められる。


(c)原田寛
(c)原田寛

 「手入れされた庭に紅葉の葉が落ちると、きれいに映えるんですよ」と話すのは、住職の浅見紹明(しょうみょう)さん(70)。庭師を呼び、手入れをしているという庭の白砂と緑のコケ、紅葉のコントラストは見事だ。

 境内は、静寂を保つため私語は厳禁。心静かに拝観したい。


(c)原田寛
(c)原田寛

長寿寺

住所 鎌倉市山ノ内1503
アクセス JR北鎌倉駅徒歩10分
電話 0467(22)2147
営業時間 午前10時~午後3時最終入場
備考欄 拝観料300円。雨天時は閉門。春は4~6月を予定。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

秋の特別拝観



 11月の金土日・祝日と、12月1~6日。午前10時~午後3時最終入場。拝観料300円。雨天時は閉門。※春は4~6月を予定。

この記事の関連まとめ


見て、食べて、作って堪能【神奈川・紅葉&立ち寄りスポット6選】令和元年を満喫する

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ