かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 秦野の調香師が手掛けるシャンプーの香料開発や店舗の空間づくり

テーマ特集 暮らしに香りを③
秦野の調香師が手掛けるシャンプーの香料開発や店舗の空間づくり

  • 香師(秦野市)
  • 2019年11月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 お気に入りの香りを暮らしに取り入れて、リラックスしませんか。県内のお薦めの香りを紹介します。(3/6)



【香師】調香師・松野秀至さんが2010年に設立

 調香師・松野秀至(ひでのり)さん(39)が2010年に設立。香水やシャンプーなどに使われる香料開発のほか、香水や化粧品の製造、コンサートや店舗などの空間作りも手掛ける。

 中学生の頃から香水を使っていたという松野さん。調香の専門学校で学び、スキンケア用品メーカーで香りに携わった後、自宅の一室から会社を始めた。「自分の作った香りで、人を元気にしたり、頑張るためのスタートにしたりしてほしいと思った」


オリジナルブランドの香水「KOHSHI(コウシ)」(4180円)は、東京都庭園美術館などで購入可能。どちらの香水も[ホームページ]から購入可能
オリジナルブランドの香水「KOHSHI(コウシ)」(4180円)は、東京都庭園美術館などで購入可能。どちらの香水も[ホームページ]から購入可能

 現在では年間約1500の香りを作成。1千種以上ある原料の中から、商品の特性やイメージに合わせて調合する。「香りは、鼻ではなく頭で作るもの」だという。

 「季節や服装、年齢や出掛ける場所などによって、まとう香りを変えられたらかっこいいと思う」と香水の楽しみ方を教えてくれた。

 今後は秦野の名産品・お茶とミカンをイメージした「秦野の香水」を12月中旬に販売する予定。


香りやデザインの細部にこだわった逸品「L’héritage(ラ・エリタージュ)」(1万4850円)は東京都庭園美術館、「GINZA SIX オトナプラザ」ほかで販売
香りやデザインの細部にこだわった逸品「L’héritage(ラ・エリタージュ)」(1万4850円)は東京都庭園美術館、「GINZA SIX オトナプラザ」ほかで販売

香師[こうし]

住所 秦野市堀山下100の3(工場)
アクセス 小田急線渋沢駅徒歩15分
電話 0463(79)9384
公式HP https://kohshi.jp/index.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


リラックスした空間づくり【神奈川・オススメの香り6選】香りを暮らしに取り入れて

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑦ 夢見ケ崎動物公園◇シセンレッサーパンダ

  2. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  3. イマ的生活 「心の安定届けたい」円覚寺(鎌倉市)がオンライン座禅配信 写経や日曜説教も 

    円覚寺(鎌倉市)

  4. かながわ動物飼育日記⑥ 京急油壺マリンパーク◇キタイワトビペンギン

  5. かながわ動物飼育日記⑤ 新江ノ島水族館◇バンドウイルカ

人気タグ