かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 「かながわの本」を6冊紹介 ねこ鉄、ハイキングガイド、酒場巡り、高校生俳句・・・

週末のススメ 2月22、23、24日はコレ♪
「かながわの本」を6冊紹介 ねこ鉄、ハイキングガイド、酒場巡り、高校生俳句・・・

  • 2020年2月20日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 こんにちは!イマカナ編集担当です。今週は、「かながわの本」を紹介します。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内でもイベントの中止や延期が相次いでいます。じっくりと、読書を楽しむのもいいかもしれませんね。

ニャンとすてきな共演


ねこ鉄
ねこ鉄

ねこ鉄

 ローカル鉄道と猫は相性がいい。適度に人が行き来するから時に構ってもらえるし、といって無人駅が多いから追い出されることも少ない。決まった時刻に通る列車を、どこか待っているようにも見える。鉄道ファンの猫がいたりして。

 全国15路線の周辺に暮らす猫の姿を捉えた。県内では大雄山線とJR鶴見線の“住人”を紹介。前者では川の堤防に寝転がり、3両編成の電車を眺める(ように見える)三毛猫。後者は、昼間は2時間に1本しか電車が来ない駅で、人けのないホームに数匹が集まって“猫会議”。発車する電車を見送るワンショットは、その後ろ姿が鉄道員さながらで、りりしい。

 著者は乗り物を撮るベテラン写真家。かつて専門誌で鉄道の空撮を連載し、少年の「撮り鉄」に技術を指南していた。本作はエレキギターをアコースティックに持ち替えた趣がある。登場する路線はどこも穏やかで、優しい情景が伝わってくる。そこに猫が暮らす。猫が好む場所は、人間にとっても居心地がいいのだ。

(花井 健朗 撮影・文 講談社電話03(5395)3608・1540円)

住民が公共の原動力に


ザ・まち普請
ザ・まち普請

ザ・まち普請

 人口減少の現代、地域の課題解決を行政にだけ任せては間に合わない。本書は相互扶助を意味する「普請」の語を用い、市民と行政の「協働」を紹介する。

 横浜市の事業などを利用した30の事例が興味深い。緑化や交流カフェ、都市農業、アート、子育て支援など内容は多様だが、それぞれが目指し得られるものは、いずれもコミュニティーの活性化や再構築だ。

 戸塚区舞岡町では、看板が乱立し雑草が繁茂したバス停の周辺を「ここはまちの玄関、ここは大切な場所」と捉え、花を植えたり展望台を設けたりした。もともと地蔵や火の見やぐらのある古道で、地域の歴史の「再発見」といえた。

 開発から半世紀を経て高齢化率が4割を超えた金沢区西柴の住宅団地には、空き店舗を改装した交流の場が10年前にオープン。やがて学習支援や介護予防の拠点としても発展した。

 地域をよく知る住民にこそ、公共の担い手の素質がある。本書はそう気付かせてくれる。執筆者は都市計画家や行政職員、研究者ら22人。

(横浜プランナーズネットワーク ザ・まち普請編集委員会 編著 横浜プランナーズネットワーク電話045(681)2922・2500円)

多様な「歩き方」を指南


鎌倉&三浦半島山から海へ30コース
鎌倉&三浦半島山から海へ30コース

鎌倉&三浦半島山から海へ30コース

 三浦半島のハイキングガイドで、2年ほど前に刊行された初版の改訂版である。半分以上の写真を差し替え最新の情報に更新。鎌倉、南横浜・逗子、葉山、横須賀、三崎のエリア別に計30コースを紹介する。

 コースごとに難易度や歴史、自然、観光の見どころを3段階で分類する。浜辺を歩く高低差の少ないコースもある。短縮コースや寄り道の指南、スズメバチやマムシの危険性など、解説は具体的で親切だ。

 鮮やかな写真が目を引く。深山を思わせる鎌倉の大仏切り通しや番場ケ谷(ばんばがやつ)、葉山の森戸川源流、夕日に照らされた七里ケ浜…。見るだけでも満足できそう。

 史跡案内も手厚い。関東大震災で崩壊した観音崎灯台の残骸など、見てみたくなる。珍しい積雪時に「お手軽に雪山を楽しめる」と初級コースを歩いた一節が面白い。なるほど、そういう楽しみ方もあるのか。マナーの悪化で立ち入り禁止場所が増えた、との記述には世知辛さもにじむ。

 著者は横須賀市に住む。山を伝える「山楽ライター」。

(樋口 一郎 著・東京新聞[中日新聞東京本社] 電話03(6910)2527・1540円)

足で稼いだ〝駅前評論〟


東海道線154駅
東海道線154駅

東海道線154駅

 副題に「降りて、見て、歩いて、調べた」とある。言うは易く行うは難し。表紙を埋める駅名標の数を見れば、その苦労が分かる。

 東京─神戸間589・5キロを結ぶ東海道線は国内最古の鉄道路線であり、旅客、貨物ともに今も大動脈だ。著者はその全154駅に降り立ち、その歴史や街の風情などをつづった。

 1駅の記述が厚い。東京や横浜のようなターミナルだけでなく、例えば県内では戸塚に3ページ、真鶴に2ページを割く。物語は“スター”にだけあるのではない。

 木造駅舎の大磯は「東海道線の旅では一番最初に出会う時代を感じる駅」。二宮では戦時中の機銃掃射の被害を今に伝える「ガラスのうさぎ」像に触れる。一見「何の変哲もない」鴨宮は「世界に誇る新幹線発祥の地」だ。海を望む根府川では、茨木のり子の詩「根府川の海」を引用する。

 著者の印象が主観的に記されているが、それも実際に足を運んだからこそ、だろう。駅前の商店街がにぎやかな大船は「東海道線の高円寺・荻窪」だそうである。

(鼠入 昌史 著・イカロス出版電話03(3267)2766・1870円)

「一杯」を誠実に楽しむ


ブラ酒場
ブラ酒場

ブラ酒場

 本日の日曜版「定食座談会」にも登場した「のんべえライター」による酒場巡り。15年を費やし訪ね歩いた55店を厳選した。都内の店が中心だが「鎌倉・大船・辻堂」の章もある。

 鎌倉では酒屋さんで「角打ち」。店の一角のカウンターで立ち飲みするのだ。「つかの間、私はこの酒屋ののんべえの娘で、店が終わって一杯やっているという妄想に浸る」といった描写がいい。夕焼けの富士を望む辻堂の店では里芋やカキなど冬の味を楽しむ。

 雑誌「おとなの週末」の記事をまとめた。まず客として覆面取材し、おいしかったら正式に取材を申し込むという誠実さ。その苦労を記した前書きが読ませる。時に不審がられながらもギョーザの断面を撮り、すしの重量を計測し…。

 所々に挟まれたコラムでは、飲む状況を大切にする姿勢も伝わってくる。銭湯に行ってから、あるいは列車の中で。新幹線は速すぎるから在来線で「風景を眺めながら一杯」という一節に、大いに賛同。著者は福島県古殿町生まれ、横浜国大出身。

(本郷 明美 著・講談社ビージー電話03(3943)6559・1100円)

巧みで普遍的な感受性


17音の青春 2019
17音の青春 2019

17音の青春 2019

 幼時に旅したカンボジアの赤土を思い「粛清に使はれた銃晩夏光」と詠む。メ-ルかラインかの文面に父の機微を感じて「鰯雲(いわしぐも)無口な父の絵文字かな」。言葉の巧みさもさることながら、その感受性に感じ入る。

 神奈川大学全国高校生俳句大賞の受賞作品集である。審査員は長谷川櫂、復本一郎、黛まどから。21回目を数え、応募数は1万1022通に上ったという。

 最優秀は5人が3句ずつ紹介される。次の入選作品も3句ずつ。3句あれば、どんな町に暮らしているのか、どんな高校生活なのかが連想され楽しい。

 最後の「一句入選」は逆に、作者の背景が想像しにくいところがいい。「太宰忌や裏切り者も息をする」「不眠症の脳の形や黒葡萄(ぶどう)」は闇の深さが心配になるし、「捨てられたライタ-を蹴る夏の果て」には不良っぽさがある。「消しゴムの裏に書かれたラブレタ-」「汗流す仲間と共にこぶし突く」などは、高校生らしい普遍的な作品だ。

 選考会の議論を書き起こしたくだりも面白い。

(神奈川大学広報委員会 編・KADOKAWA電話(0570)002301・770円)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑦ 夢見ケ崎動物公園◇シセンレッサーパンダ

  2. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  3. イマ的生活 「心の安定届けたい」円覚寺(鎌倉市)がオンライン座禅配信 写経や日曜説教も 

    円覚寺(鎌倉市)

  4. かながわ動物飼育日記⑥ 京急油壺マリンパーク◇キタイワトビペンギン

  5. かながわ動物飼育日記⑤ 新江ノ島水族館◇バンドウイルカ

人気タグ