かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【若山牧水夫婦歌碑】横須賀の海岸沿いに建てられた夫婦歌碑

テーマ特集 神奈川の歌碑、句碑探訪②
【若山牧水夫婦歌碑】横須賀の海岸沿いに建てられた夫婦歌碑

  • 若山牧水夫婦歌碑(横須賀市)
  • 2020年3月7日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 神奈川新聞主催の「神奈川歌壇・俳壇・柳壇年間賞」が50回を迎えました。節目を機に、県内の歌碑や句碑を訪ねます。(2/6)


牧水の名作が刻まれた夫婦歌碑。旅と酒を愛した牧水は足跡も広く、各地に歌碑が建立されており、県内には6カ所、うち4つは横須賀市内にある
牧水の名作が刻まれた夫婦歌碑。旅と酒を愛した牧水は足跡も広く、各地に歌碑が建立されており、県内には6カ所、うち4つは横須賀市内にある

【若山牧水夫婦歌碑】短歌/しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたゞよふ(牧水) うちけぶり鋸山も浮び来と今日のみちしほふくらみ寄する(喜志子)

 歌人・若山牧水は1915(大正4)年3月、30歳の時に妻喜志子の病気療養のため家族で東京から北下浦村長沢(現在の横須賀市長沢)に転居し、回復までの1年10カ月を過ごした。

 滞在した家の近くの海岸沿いに建てられた夫婦歌碑は、当時の主治医の親族らが建立を志し、横須賀市観光協会がその意志を継いで53(昭和28)年に建立。牧水が学生歌人だった23歳の時に詠んだ初期の名作「しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたゞよふ」が刻まれている。空や海の青さに染まることなく漂う白鳥に、生きることへの悲哀やわびしさを歌った。目前の海岸と空を舞う鳥たちがこの歌を連想させる。


背面には妻喜志子の短歌。目前には鋸山を望む長沢海岸が見える
背面には妻喜志子の短歌。目前には鋸山を望む長沢海岸が見える

 背面には、滞在中に妻喜志子が房総半島の鋸山(のこぎりやま)を詠んだ歌「うちけぶり鋸山も浮び来と今日のみちしほふくらみ寄する」が刻まれているほか、牧水が長沢海岸から鋸山を詠んだ「海越えて鋸山はかすめども此処の長浜浪立ちやまず」の文学碑も建てられている。

長岡半太郎記念館・若山牧水資料館



若山牧水(左)と妻の喜志子
若山牧水(左)と妻の喜志子


長岡半太郎記念館・若山牧水資料館

住所 横須賀市長沢2の6の8
アクセス 京急線京急長沢駅徒歩12分
電話 046(848)5563
営業時間 午前9時~午後4時(正午~午後1時は休み)
定休日 月曜休館
公式HP https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2494/sisetu/fc00000328.html
備考欄 無料

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


神奈川ぐるっと【神奈川・歌碑、句碑6選】ゆかりの地 思いをはせて ゆく探訪

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 弁天通「バンバン番長」ねぎとろ番長マリンタワー

    バンバン番長(横浜市中区)

  2. 薫製にこだわるお店② 【燻製バル SALSA DEL AM IGOS】スモークチキン・タコス&自家製スモーク盛り合わせ

    SALSA DEL AM IGOS(横浜市西区)

  3. 薫製にこだわるお店④ 【本格燻製料理の店 くらげ亭】燻製カルボナーラ

    本格燻製料理の店 くらげ亭(大和市)

  4. 薫製にこだわるお店⑥ 【燻製ダイニング MISASHI】ハンバーガーやポテトサラダ、酢締めのコハダなど

    燻製ダイニング MISASHI(藤沢市)

  5. 薫製にこだわるお店③ 【燻製工房 然 -ZEN-】桜サーモンの燻製&燻し醤油

    燻製工房 然 -ZEN-(箱根町)

人気タグ