かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【燻製工房 然 -ZEN-】桜サーモンの燻製&燻し醤油

テーマ特集 薫製にこだわるお店③
【燻製工房 然 -ZEN-】桜サーモンの燻製&燻し醤油

  • 燻製工房 然 -ZEN-(箱根町)
  • 2020年3月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 いつもの食材も薫製にすれば香りもうま味もアップ。県内のこだわりの店を紹介します。(3/6)


薫製のフレーバーは、プレーン(塩)、ハーブ、みそ、みりんの4種類
薫製のフレーバーは、プレーン(塩)、ハーブ、みそ、みりんの4種類


【燻製工房 然 -ZEN-】冷薫製をメインに扱う専門店

 「大涌谷の噴火がきっかけで店を開いた」と話すのは、代表の安齋邦政さん(57)。仙石原で営む人気ホテルの予約キャンセルが相次いだ時に、元々興味のあった薫製で新たな事業を展開しようと考えた。

 その後ホテルは持ち直したが、2017年に薫製専門店をオープン。冷薫製をメインに扱う。通常60~70度の煙を20度前後に冷やしていぶす冷薫製は、食材がしっとりやわらかく仕上がるのが特徴だ。


卵は小田急ロマンスカーでも車内販売している
卵は小田急ロマンスカーでも車内販売している

 箱根ならではの薫製も並ぶ。自然に近い状態で養殖している芦ノ湖の桜サーモンは、過剰な脂が乗らずにあっさりとした味わいで、これをいぶした「桜サーモンの燻製」(小648円)は素材のうま味に薫製の香りが加わり、一層おいしさを増す。ほかにも、温薫製した小田原の干物、冷薫製で黄身がとろとろの卵、リピーターが多い人気の「燻(いぶ)し醤油(しょうゆ)」(864円)など、豊富なラインアップがそろう。

 安齋さんは「魔法の煙でいぶした薫製の良さを知ってもらいたい」と笑った。



燻製工房 然 -ZEN-

住所 箱根町湯本71の5
アクセス 箱根登山鉄道入生田駅徒歩7分
電話 0460(85)5110
営業時間 午前11時~午後5時
定休日 水・木曜
公式HP https://kunsei-zen.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


香りもうま味もアップ【神奈川・薫製にこだわるお店6選】想像以上のおいしさ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かながわ動物飼育日記⑤ 新江ノ島水族館◇バンドウイルカ

  2. 今だから通販 アイシングクッキーのクチュールベイク、おうちキットを販売 カラフルなチョコペンで

    クチュールベイク(川崎市中原区)

  3. タマネギ 辛みがなく甘くてジューシー 小田原「俺たちのファーム」の下中たまねぎ

    俺たちのファーム(小田原市、中井・二宮町)

  4. ひと味違うバラ特集② 【ひらつか八幡山の洋館】香りのいいバラ 洋館囲むように咲き誇る

    ひらつか八幡山の洋館(平塚市)

  5. イマカナ人 筋トレ弁当「びるめし」を宅配、高タンパク・低脂質 超筋肉系管理栄養士、今井準さん

    びるめし(平塚市)

人気タグ