かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 雰囲気いい大切なホーム 石田泰尚/首席ソロ・コンサートマスター

テーマ特集 応援しよう神奈川フィル③
雰囲気いい大切なホーム 石田泰尚/首席ソロ・コンサートマスター

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団創立50周年
  • 2020年4月18日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 県内を中心に演奏活動を続けてきた神奈川フィルハーモニー管弦楽団がことし創立50周年を迎えた。首都圏に数多くのプロオーケストラがひしめく中、クオリティーの高い演奏と地域に根付いた活動で支持を拡大。クラシック音楽の専門誌「音楽の友」(音楽之友社)2018年4月号で発表された「あなたの好きな日本のオーケストラ」では4位を獲得した。演奏家とそれを支えるスタッフの視点から、神奈川フィルの魅力に迫る。(3/7)


「理論派の崎谷と感覚派の僕はタイプが異なる。違うアプローチがある事がオーケストラにとってプラスに働くと思う」(撮影・立石祐志)
「理論派の崎谷と感覚派の僕はタイプが異なる。違うアプローチがある事がオーケストラにとってプラスに働くと思う」(撮影・立石祐志)

 2001年、当時の常任指揮者だった現田茂夫さんに誘われ、楽団のコンサートマスターとなった石田泰尚さん。「神奈川フィルに移籍してから20年目になる。現田さんをはじめ、団員や事務局にはとても感謝しています。雰囲気もいいし、大切なホームだと思っています」と語る。

 「昔から良い演奏をしていたと思うけれど、経験を重ねて、オーケストラの音楽的レベルは高くなってきている」と分析する。「特に02年から09年まで、首席客演指揮者・音楽監督としてオーケストラを導いてくれたハンス=マルティン・シュナイトさんの存在は大きかった。すごく厳しい方で、とにかく楽譜に忠実に、と言われたのを覚えています。とても勉強になったし、かわいがってもらった。オーケストラにとっても大切な財産になりました」

 現在の常任指揮者の川瀬賢太郎さんについては「真面目ですごく勉強してくるし、アグレッシブな指揮も魅力。フレンドリーなキャラクターで、団員とコミュニケーションをしっかり取っている。5年後、10年後の彼がどうなっているかも楽しみですね」と笑みを浮かべる。

 21年2月の定期演奏会では日本初演となる、ウィントン・マルサリスの「バイオリン協奏曲」にソリストとして挑む。「難しいけれど格好いい曲。期待していて下さい」


神奈川フィルハーモニー管弦楽団事務局

住所 横浜市中区元浜町2-13 東照ビル3階
電話 045-226-5045(平日9:30~18:00)/FAX:045-663-9338
公式HP https://www.kanaphil.or.jp/
備考欄 神奈川フィル・チケットサービス
神奈川フィル事務局内TEL:045-226-5107(平日10:00~18:00)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


創立50周年神奈川フィルの魅力に迫る7選

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ロープーウエー、ロマンスカー 【動画・神奈川の乗り物5選】運行開始にミュージアム開館 県内の乗り物が熱い!

  2. ホテルインフォメーション 【鎌倉プリンスホテル】ストロベリー・バーガー・シュークリーム、30日まで

  3. 神奈川の地産地消パン 鎌倉・mbs46.7のオープンサンドやバゲット 自家製酵母の豊かな風味が評判

    mbs46.7(鎌倉市)

  4. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  5. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

人気タグ