かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 【かながわの本/バッティングピッチャー】組織に殉ずる「専門職」

気になる BOOK
【かながわの本/バッティングピッチャー】組織に殉ずる「専門職」

  • 2020年5月10日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 打撃練習のためにだけいる打撃投手は日本独自の制度だという。「打者の恋人」の異名は甘美だが、華やかな世界が放つ光の影にも見える。地味で地道で、しかし不可欠なプロフェッショナルに光を当てた。

 50歳の打撃投手がいることも「ベテラン」や「一流」がいることも素人には驚きだ。引退した投手がスタッフとして雇用されるようになったのは平成以降。元巨人の入来祐作のような、かつてのエースもいる。

 西武で新人王を取り横浜で引退した杉山賢人は、打ちやすい球を投げるだけではなかった。「裏方さん」でなく「専門職」を自任するところに矜持(きょうじ)を見る。

 最大の敵は精神的要因で投げられなくなる症状、イップス。常に査定されるコントロール、打球によるけがの恐怖など重圧は大きく、現役選手よりも打撃投手に多く見られるという。

 それでも著者は熟練した彼らの仕事を称賛する。組織で働くことの意味をも考えさせる。著者は1964年生まれのノンフィクションライター。横浜市青葉区に住む。

 澤宮 優/著、集英社文庫、726円


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ