かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 藤沢・鵠沼有機野菜直売所、有機野菜3、40種 在来品種や珍しい外国品種も 

とれたて 藤沢・鵠沼有機野菜直売所、有機野菜3、40種 在来品種や珍しい外国品種も 

  • 鵠沼有機野菜直売所(藤沢市)
  • 2020年8月27日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 藤沢を中心とする有機野菜農家のグループ「ふじさわやさいを作る仲間たち」が運営する直売所。同グループの農家らが作る露地物の果菜、根菜、葉物や果物など30~40種類の旬の新鮮な有機野菜が並ぶ。野菜はどれもつやつやして張りがあり、古くからの在来品種や珍しい外国品種のものもそろう。この時期のお薦めは葉物でエゴマの葉やスイオウ、クウシンサイなど。ジャガイモやトマトも数品種があり時期により種類も変わる。野菜の説明や調理法などを書いたポップもあるので、知らない野菜でも手に取りやすい。


ミニトマト さまざまな種類のミニトマトが並ぶ
ミニトマト さまざまな種類のミニトマトが並ぶ

 客はリピーターも多く「野菜本来の味が楽しめるので、調理がシンプルになった」との声も。販売も生産者が行うので野菜やレシピについて聞くことができるのもうれしい。雨の日にはスタンプを1つ多く押してくれるスタンプカードもある。


ゴーヤやピーマン、白キュウリ、ナスなどの果菜類
ゴーヤやピーマン、白キュウリ、ナスなどの果菜類

お薦め品

◇クウシンサイやモロヘイヤなどの季節の葉物野菜1袋200円~
◇ジャガイモ各種 1袋250円~
◇トマト各種 1袋250円~
◇ニンニク 1袋350円~


つるむらさき、モロヘイヤやエゴマの葉、スイオウなどの珍しい葉物が充実
つるむらさき、モロヘイヤやエゴマの葉、スイオウなどの珍しい葉物が充実

鵠沼有機野菜直売所

住所 藤沢市鵠沼海岸7の5の30、福祉コミュニティカフェ「Mamma miA」駐車場内
アクセス 小田急線本鵠沼・鵠沼海岸駅徒歩12分
営業時間 水曜午前9時半~11時半、土曜午前9時半~正午、いずれもなくなり次第終了
公式HP http://kugenumafs.nomaki.jp/
備考欄 ※同カフェの駐車場は駐車不可。最寄りの有料駐車場か交通機関を使用

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. クルミッ子 パステルグリーンのデザイン缶発売 鎌倉紅谷

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 神奈川のストレス解消スポット6選 素焼きの皿を投げ割って厄払い 鎌倉宮の厄割り石が人気

    鎌倉宮 厄割り石(鎌倉市)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

人気タグ