かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. 山下町「日本料理 慶雲」けんちん汁

名店めぐり ぶらり♪街めぐり
山下町「日本料理 慶雲」けんちん汁

  • 日本料理 慶雲(横浜市中区)
  • 2020年10月26日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

「けんちん汁定食」(千円)
「けんちん汁定食」(千円)

和の醍醐味けんちん汁

 温かい汁物が恋しい季節。昨年5月、山下公園近くに開店した、けんちん汁の店へと足を運んだ。オーナーの横森富夫さん(53)が一人で切り盛りする日本料理店。大きなカウンターがまだ新しい。

 メインメニューである同店のけんちん汁は、発祥と伝わる建長寺(鎌倉)の吉田正道老師から〝本物の味わい〟を意味する「醍醐味(だいごみ)」のお墨付きをもらった逸品だ。何といってもだしが滋味深い。北海道羅臼産の高級昆布をふんだんに使い、味付けは最小限に。具材はゴボウや里芋、細かく崩した豆腐など、伝統的なレシピに則した7種類。穏やかで、優しい風味がじんわり口中に広がっていく。


A5黒毛和牛リブロース炙り1100円、刺し身盛合せ(1650円~、予約のみ)
A5黒毛和牛リブロース炙り1100円、刺し身盛合せ(1650円~、予約のみ)

 料理を監修するのは富夫さんの父で、同店代表の利光さん(86)。実は横森家は江戸時代から続く料理人の家系で、利光さんは日本料理研究会横浜支部長も務めている。店名の「慶雲」は吉兆の雲を示す。「健康的な食事を食べ、幸運を引き寄せてください」と富夫さん。隣で、「おいしいね、幸せだねと言い合えるのは人生の喜びですよ」と利光さんがほほ笑んだ。昼は「けんちん汁定食」(千円)などを中心に。夜は酒が進む料理や酒肴(しゅこう)を提供している。


代表の利光さん(左)と横森富夫さん
代表の利光さん(左)と横森富夫さん


日本料理 慶雲

住所 横浜市中区山下町2、産業貿易センタービル地下1階
アクセス みなとみらい線日本大通り駅徒歩3分
電話 050(3567)8236
営業時間 午前11時半~午後2時、午後5~10時(土曜は除く)
定休日 日・祝日休み
公式HP https://keiun-yokohama.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ロープーウエー、ロマンスカー 【動画・神奈川の乗り物5選】運行開始にミュージアム開館 県内の乗り物が熱い!

  2. 総菜、弁当 総菜と弁当の店「ままぐらんど」 体に優しい母の味ずらり

    ままぐらんど(横浜市金沢区)

  3. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  4. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

  5. ワクワク乗り物5選 ロマンスカーミュージアム(海老名市)、4月19日開館 電車だけじゃない「ワクワク」

    ロマンスカーミュージアム(海老名市)

人気タグ