かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 神奈川の祭り・1月上旬〈鎌倉えびすなど〉

週末のススメ 神奈川の祭り・1月上旬〈鎌倉えびすなど〉

  • 2020年12月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

鎌倉えびす 2019年撮影
鎌倉えびす 2019年撮影

1月1~3・10日
■本覚寺「鎌倉えびす」(鎌倉)
 1月1~3日の「初えびす」では、縁起物の福笹(ふくざさ)を販売。お神酒や甘酒の販売、出店などは中止。午前11時(2、3日は同9時)~午後3時。10日の「本えびす」は午前9時~午後3時。鎌倉駅徒歩5分。☎0467(22)0490。
 
2日
■寒川神社「追儺(ついな)祭」(寒川)
 年頭に当たり、全ての邪気災厄をはらい除く特殊神事。神事後、御神前に供えられた弓矢を災難よけのお守りとして参列者に頒布する。午後8時から。JR相模線宮山駅徒歩5分。☎0467(75)0004。
 
■船おろし(鎌倉)
 坂ノ下海岸・材木座海岸。一年の海の安全と大漁を祈願して行う。今年は関係者のみでお飾りを行い、みかんまきは中止。午前10時から。坂ノ下(江ノ電長谷駅徒歩2分)・材木座(鎌倉駅からバスで材木座下車すぐ)。鎌倉漁業協同組合☎0467(22)3403。
 
7日
■大山阿夫利神社「筒粥(つつがゆ)祭」(伊勢原)
 竹で作った筒へのかゆの詰まり具合で、一年の豊凶、気象、風雨などを占う。五穀を中心に18品種の農作物などを判定する。午前10~11時。今年は入場制限や、一部内容を変更して実施するので、詳細は問い合わせる。小田急線伊勢原駅からバスで大山ケーブル行き終点。大山ケーブルカーで阿夫利神社駅徒歩2分。☎0463(95)2006。
8日
■今泉白山神社「大注連(おおしめ)祭」(鎌倉)
 毘沙門天の使いといわれるハガチ(ムカデ)を模した約6㍍、重さ120㌔の大注連縄を境内入り口に掲げ、豊作と安泰を祈る。午前9時ごろから大注連を作り、編み上がった後に神事を行う(同11時半ごろ)。大船駅からバスで白山神社前下車10分。稲荷神社☎0467(47)4798。
 
■寒川神社「武佐弓(むさゆみ)祭」(寒川)
 七草の翌日に行う。古式の大的に向かって2人の禰宜(ねぎ)が交互に矢を3回放ち、一年の吉凶を占う。午前10時から。JR相模線宮山駅徒歩5分。☎0467(75)0004。
 
10日
■長尾神社「的祭(まとうさい)」(川崎)
 射手に選ばれた長尾地区の7歳未満の長男2人が、介添えと共に裏に「鬼」の文字が三つ書かれた的を射る。矢が「鬼」の文字を貫くとその年は豊作といわれる。午前10時から。JR宿河原駅徒歩20分。白幡八幡大神☎044(977)5639。
 
15日
■鶴岡八幡宮「左義長神事」(鎌倉)
 正月飾りや門松などを積み上げてやぐらを造り、浄火で焚き上げる。午前7時から。鎌倉駅徒歩10分。☎0467(22)0315。

神奈川の祭り・12月


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ロープーウエー、ロマンスカー 【動画・神奈川の乗り物5選】運行開始にミュージアム開館 県内の乗り物が熱い!

  2. 総菜、弁当 総菜と弁当の店「ままぐらんど」 体に優しい母の味ずらり

    ままぐらんど(横浜市金沢区)

  3. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  4. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

  5. ワクワク乗り物5選 ロマンスカーミュージアム(海老名市)、4月19日開館 電車だけじゃない「ワクワク」

    ロマンスカーミュージアム(海老名市)

人気タグ