かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 【KAAT神奈川芸術劇場10周年】世相に切り込む作品発信 首都圏演劇界で個性確立

テーマ特集 横浜舞台芸術の創造拠点
【KAAT神奈川芸術劇場10周年】世相に切り込む作品発信 首都圏演劇界で個性確立

  • KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

2021年1月14日公開 | 2021年1月3日神奈川新聞掲載


最大1300席が並ぶホールを最前部から見上げる。演劇、ミュージカル、ダンスなど、さまざまな舞台芸術に対応できる設備を兼ね備えている
最大1300席が並ぶホールを最前部から見上げる。演劇、ミュージカル、ダンスなど、さまざまな舞台芸術に対応できる設備を兼ね備えている

座席から舞台までの距離は最大でも25メートルに抑えられている
座席から舞台までの距離は最大でも25メートルに抑えられている

 2011年1月11日の開館以来、横浜の新たな舞台芸術の創造拠点として存在感を示してきたKAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)がことし10周年の節目を迎える。

 世相に切り込む特色ある作品を発信し続け、劇場の多い東京都に隣接しながらも首都圏の演劇界で個性を確立。若手演出家を積極的に起用するなど、将来の演劇界を担う人材の育成にも力を入れてきた。

 一方で、開館直後の東日本大震災、昨年の新型コロナウイルスの感染拡大と二度の有事にも直面し、劇場の存在価値と向き合う10年でもあった。

 眞野純館長、白井晃芸術監督のインタビューと、10年間の主な公演の写真で開館以降の歩みを振り返りながら、KAATが公共劇場として果たしてきた役割や今後の展望を見つめる。


エントランスの吹き抜けは見上げるほどの高さ
エントランスの吹き抜けは見上げるほどの高さ

この記事の目次

1)神奈川芸術劇場
2)開館記念式典
3)10年の歩み
4)世の中の一歩先を作る 眞野純館長インタビュー
5)表現者の「熱」集まる場所 白井晃芸術監督インタビュー
6)まとめ

神奈川芸術劇場



 2011年1月開館。県が設置し、指定管理者の神奈川芸術文化財団が近くにある県民ホールと一体的に運営する。

 全国でも数少ない「創造型劇場」で、音響や照明など多分野の専門スタッフが常駐。最大1300席のホールと小劇場などとしても活用できる4つのスタジオがあり、長期にわたり創作に携われる稽古場も備える。

 2021年4月から3代目の芸術監督に演出家の長塚圭史が就任する。

⇨【KAAT公式ホームページ】KAAT 神奈川芸術劇場

カナロコ関連記事
「幸せ」の新拠点に、神奈川芸術劇場がオープン/横浜

キャッチフレーズは「恋する横浜」、林市長から提案も/横浜

劇場や音楽ホールで公演や展覧会の中止が相次ぐ、アイーダも「随時判断」/神奈川

劇場飛び出し県内を“巡業”、13年以降にKAATがテント公演/神奈川

休養中の小澤征爾さん、KAATでオペラ鑑賞 子どもと楽しみ笑顔/神奈川

宮本亜門監督が14年春退任、神奈川芸術劇場が正式発表

KAAT参与就任の白井さん 2年後は芸術監督

KAATに免震装置82基 東洋ゴム幹部が謝罪

芸術監督就任第一作 白井晃、KAATで新舞台稽古を公開

劇場→美術館に変身 KAAT新たな鑑賞法29日まで

KAATで「オペラ座の怪人」 四季と初の長期提携

免震ゴム82基、全て交換合意 神奈川芸術劇場

KAATがキャバレーに 独・劇作家ブレヒトの戯曲上演へ

思春期の「性」と「生」 KAAT舞台「春のめざめ」今春再演へ

濃厚に漂う劇場の存在感 KAATで小金沢健人展

ノートルダムの復興再建を支援 劇団四季が横浜に募金箱

西アフリカ打楽器奏でよう KAATワークショップ開催へ

ファッションやヘアメーク、学生がデザイン競う

医療従事者を応援、青くライトアップ KAAT

シニア向けダンスレッスン動画を無料公開


KAAT神奈川芸術劇場

住所 神奈川県横浜市中区山下町281
アクセス みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分
電話 045-633-6500
公式HP https://www.kaat.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

開館記念式典


野村萬斎らによる能楽「翁」も披露された開館記念式典=2011年1月11日
野村萬斎らによる能楽「翁」も披露された開館記念式典=2011年1月11日

開館記念公演に訪れた人々=2011年1月11日
開館記念公演に訪れた人々=2011年1月11日

こけら落とし「金閣寺」の初演を終え、会見した初代芸術監督の宮本亜門、主演の森田剛ら。多くの取材陣が詰め掛けた=2011年1月
こけら落とし「金閣寺」の初演を終え、会見した初代芸術監督の宮本亜門、主演の森田剛ら。多くの取材陣が詰め掛けた=2011年1月

神奈川芸術劇場開館記念式典で、松沢成文知事や林文子横浜市長と笑顔であいさつをかわす初代芸術監督の宮本亜門(中央)
神奈川芸術劇場開館記念式典で、松沢成文知事や林文子横浜市長と笑顔であいさつをかわす初代芸術監督の宮本亜門(中央)

カナロコ関連記事
神奈川芸術劇場こけら落とし公演「金閣寺」が29日開幕、宮本亜門さん演出/横浜

県知事選:文化行政、「公共とは」問い続け、芸術劇場の手応えと不安/神奈川

10年の歩み

2010年~



 日本文学の金字塔である三島由紀夫の小説を舞台化した「金閣寺」。人間の魂の本質に深く迫った。原作・三島由紀夫、原作翻案・セルジュ・ラモット、演出・宮本亜門。2011年1月29日~2月14日上演(撮影・阿部章仁)

2011年



 宮本亜門が東洋人演出家として初めてブロードウェーで披露したミュージカル「太平洋序曲」。本作を物語の舞台でもある神奈川の地でパワフルに上演した。作詞/作曲・スティーブン・ソンドハイム、台本・ジョン・ワイドマン、演出/振付・宮本亜門。2011年6月17日~7月3日上演(撮影・阿部章仁)

2012年



 この世の裏側にあるもう一つの世界。不思議で懐かしい、夏休み最後の3日間の物語を描いた「暗いところからやってくる」。KAATキッズ・プログラムとして上演。作・前川知大、演出・小川絵梨子。2012年7月26日~8月5日上演(撮影・田中亜紀)

2013年



 ピノキオが苦難を乗り越えて人間の少年へと成長するまでのストーリーが、多彩な音楽に合わせて表現されたファンタジックなミュージカル「ピノキオまたは白雪姫の悲劇」。原作・カルロ・コローディ、演出/脚色・宮本亜門。2013年8月23日~9月1日上演(撮影・西野正将)

2014年



 白井晃のアーティスティック・スーパーバイザー就任第一作「Lost Memory Theatre」。音楽そのものを舞台化するとの構想で上演された。原案/音楽・三宅純、構成/演出・白井晃。2014年8月21日~31日上演(撮影・二石友希)

2015年



 ラサール石井構想10年。バックステージで働く舞台スタッフが希望や夢、日頃のうっぷんを音楽に乗せてつづったオリジナルミュージカル「HEADS UP!」。脚本・倉持裕、原案/作詞/演出・ラサール石井。2015年11月13日~23日上演(撮影・國田茂十)

2016年



 ブレヒト×バイルのコンビが生んだ傑作が音楽劇としてよみがえった「マハゴニー市の興亡」。作・ベルトルト・ブレヒト、作曲・クルト・バイル、演出/上演台本/訳詞・白井晃。2016年9月6日~22日上演(撮影・二石友希)

2017年



 近代戯曲を現代によみがえらせるシリーズとして手掛けた、ドイツの劇作家ベデキント作「春のめざめ」。志尊淳初のストレートプレー作品。原作・フランク・ベデキント、構成/演出・白井晃。2017年5月5日~23日上演(撮影・二石友希)

2018年



 長塚圭史が米国の現代演劇の旗手アーサー・ミラーの代表作に挑んだ「セールスマンの死」。風間杜夫、片平なぎさら実力派キャストが熱演。作・アーサー・ミラー、演出・長塚圭史。2018年11月3日~18日上演(撮影・細野晋司)

2019年



 遺稿を基にした3つの長編小説が現存するフランツ・カフカ。もしも未発表の第4の長編が舞台化されたら―。多部未華子ら豪華キャストが集結したケラリーノ・サンドロビッチの書き下ろし「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」。作/演出・ケラリーノ・サンドロビッチ。2019年11月7日~24日上演(撮影・引地信彦)

2020年



 白井晃の芸術監督ラストイヤー、KAAT10周年記念プログラムのキックオフとして上演した音楽劇「銀河鉄道の夜2020」。コロナ禍の困難の中、胸に迫る幻想的な舞台空間を実現。原作・宮沢賢治、演出・白井晃。2020年9月20日~10月4日上演(撮影・中村彰)

カナロコ関連記事
県演劇連盟が22日からKAATオープン記念公演、「舞台」の力を信じ/神奈川

有村架純 初舞台で「ジャンヌ・ダルク」に 駆け抜けた29公演 KAATで閉幕

自分探しの旅へ 舞台「ペール・ギュント」

仲村トオル「自分を走らせるもの」

芸術監督就任第一作 白井晃、KAATで新舞台稽古を公開

世界の内と外表す 塩田千春展「鍵のかかった部屋」

【K-Person】門脇麦さん 演技は「生もの」

本格的な舞台は初 抑圧抱える若者像に共感 俳優・志尊淳

【KーPerson】草彅剛さん 3年ぶりの舞台、自分をさらけ出す

劇団四季「ノートルダムの鐘」 「人は平等」当たり前を伝えたい ヒロイン役の岡村美南さん

「不思議の国のアリス」題材にダンス作品 相模原出身の森山さん演出

姉と弟の愛憎劇 KAATキッズ・プログラム新作「グレーテルとヘンゼル」

「夏フェス」気分が好評  KAAT「キッズ・サマー・パーティー」 

本当のことが語られているか 「華氏451度」舞台化

【K-Person】吉沢悠さん 舞台「華氏451度」主演 心情の変化を丁寧に

演劇的構図意識し映像で表現  KAAT「さわひらき 潜像の語り手」

ダンスと映像の融合に挑む アルトノイが新作「silts」

強烈な個性のぶつかり合い KAAT神奈川芸術劇場「Is it worth to save us?」

若き王の未熟さ表現 四代目・中村橋之助が初の現代劇

人間の本質に迫る戯曲「出口なし」 25日からKAATで上演

命の危機を追体験してほしい 藤沢市出身の俳優・白石隼也がKAAT舞台に出演

舞台「Memory of Zero」 作品に込めた思い

劇団四季「パリのアメリカ人」19日からKAAT 人物像 より深め アダム役・斎藤洋一郎 

【K-Person】伊藤健太郎さん 「春のめざめ」主演 思春期の葛藤、普遍的

過去と未来考えるきっかけに KAATで不朽の名作上演へ

絵本「ビビを見た!」を舞台化 7月4~15日KAAT

劇団「地点」がロシアの古典劇「三人姉妹」

集団で意識する「個」 「二分間の冒険」舞台化

【K-Person】小田えりなさん 音楽舞台で主演 夢はソロコンサート

KAAT神奈川芸術劇場 美術館は遠い存在ではない 舞台「偶然の出会いのように」

30日まで、横浜・KAAT 「演劇の本質」ここにあり ギリシャ悲劇「グリークス」

ダンス・演劇を演出/山田うん NIPPON・CHA!CHA!CHA! 1月・KAAT

主演・草彅剛さんインタビュー KAATでよみがえる戯曲「アルトゥロ・ウイの興隆」

笠井叡が舞踏の神髄を宿すリメーク3作上演へ

劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア!」役の内面、深く演じたい 未婚の母ドナ役・江畑 晶慧さん

KAAT神奈川芸術劇場 音楽劇「銀河鉄道の夜2020」今月上演

世の中の一歩先を作る 眞野純館長インタビュー



 思えば危機に明け暮れた10年だった。開館直後の東日本大震災、今年のコロナ禍。演者が客に直面し、時に飛沫(ひまつ)を浴びせ、空気そのものを共有する。そんな演劇の前提が揺らいだ。

 「演劇は世の中の一歩先を予感しながら作る」が持論だ。社会の矛盾を、ひずみを際立たせた作品群が、私たちの立ち位置を問う。震災とコロナを両極に変転し続けた公共の形は、公共劇場というKAATの“自我”の投影でもある。

 「実は半分ぐらいは東京からのお客さんなんです」。当初は東京との差別化が課題とされた。だが今では「東京圏の演劇界の、ある位置を占めることができている」。東京を(ヽヽヽ)引っ張り込んだ自負がある。KAATでしか見られない作品を発信してきた成果だ。

 とりわけ白井晃が芸術参与、芸術監督を務めたこの7年間は「総花的にウイングを広げられた」。時には「貸し館」として劇団四季を大ホールに招いた。「芸術劇場」にポピュラーな商業演劇か、と異論もあったが「その1%でも、次はKAATの作品を見ようと思ってくれればいい」。

 お客を呼べる公演で収支を安定させればこそ、若い演劇人による「まだ批評の言葉を持たれない作品たち」にも光が当てられると、そこまで見越している。

 はっきり言う。「僕らは成功したと思います」。独創的な作品もスタッフも、苦心を重ねてこしらえた。だが、社会の速度はその上を行く。ある問題意識の下で作品を構想しているうちに、世の中の方が変わってしまう。

 「それでも、どんな状況になろうと力を持ち、批評性を持つ作品を」と、むしろ数年かけて一公演を完成させるような息の長い体制を練っている。

 この数年、貪欲に県内自治体を巡り、地域の特色や課題を体感した。「永遠のお付き合い」のつもりで、では演劇に何ができるかを考える。「県全体で必要だと認識してもらえるような活動をやらなきゃね」

カナロコ関連記事
KAAT眞野館長インタビュー 北欧の鬼才×韓国舞踊 ダンス「VORTEX」の魅力とは

表現者の「熱」集まる場所 白井晃芸術監督インタビュー


アトリウムでのトークイベント「SHIRAI’s CAFÉ」では自らホストに。音楽家との楽しいおしゃべりが人気となった。「たまたま通りかかった人にも興味を持ってもらえて、楽しい企画になりました」=KAAT(撮影・立石祐志)
アトリウムでのトークイベント「SHIRAI’s CAFÉ」では自らホストに。音楽家との楽しいおしゃべりが人気となった。「たまたま通りかかった人にも興味を持ってもらえて、楽しい企画になりました」=KAAT(撮影・立石祐志)

「公共劇場でなければできないこと、という表現はいかにも偉そう。公共劇場が『やらかしてしまったこと』があってもいいと思っていた」と語る白井晃。2014年にアーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)に就任して以来、「既成概念を超え、アーティストが熱い表現衝動を打ち出せる個性的な劇場」を目指してきた。

 演劇のみならず、現代美術の展示や音楽家との公開トークイベントも展開し「表現が集まる複合的な空間」を体現してきた濃密な7年を振り返り「劇場が多い東京に隣接していても『常に面白い挑戦をしている場所』として認知されてきたという自負はあります」と充実した表情を見せる。

 草彅剛が悪役を演じた「アルトゥロ・ウイの興隆」など、自らも多くの話題作を演出。16日からは「アーリントン(ラブ・ストーリー)」を上演する。とある待合室で名前が呼ばれるのを待つ女性と、隣の部屋のモニターで女性を見つめる男性の物語は「利便性という名の元に、私たち自らが大きな組織に取り込まれていっている現代社会を象徴している。今こそ上演しなければならない作品だと思っています」と力を込める。

 谷賢一や杉原邦生、多田淳之介ら若手演出家も積極的に起用し「将来の演劇を担う人材が経験を積める場」として機能したことにも手応えを感じているというが「まだ、目指す理想からは程遠い」と複雑な表情を見せる。

 「約50年前、先輩たちが起こした小演劇運動などは社会や政治を動かす熱量を持っていましたが、今の演劇はおとなしすぎる。4月から芸術監督に就任する長塚圭史さんはそういった意味で『事件』を起こしてくれるはず。僕自身も今後の展開に期待しています」

カナロコ関連記事
【K-person】長塚圭史さん 演者と観客が共鳴 自分なりの色を模索

まとめ


塩田千春「鍵のかかった部屋」(2016年)
塩田千春「鍵のかかった部屋」(2016年)

「詩情の森-語りかたられる空間」(2017年)
「詩情の森-語りかたられる空間」(2017年)

 KAATでは新進気鋭の現代美術家を招き、劇場ならではの空間で現代アートに気軽に親しむ機会を提供してきた。本来、美術品の展示場所とは見なされないスタジオなど劇場全体を使い、音楽や演劇、ダンスとコラボレーションしたイベントを行うことで、新しい魅力を紹介している。

 2013年はアトリウムや外壁ガラス面を利用し、神奈川文化賞未来賞受賞の曽谷朝絵による色鮮やかなインスタレーションを展示。16年は前年のベネチア・ビエンナーレ国際美術展での展示が話題となった塩田千春が、大量の赤い糸と鍵を使ったインスタレーションでスタジオを圧倒した。

 19年の小金沢健人展ではスモークをたき、舞台上で録音した音を流すなど、劇場の特性をより強く感じさせる工夫がなされた。

 「ホワイトキューブ」と称される美術館の空間に対し、人間の喜怒哀楽が演じられる劇場の「ブラックボックス」で味わう美術の面白さを発信し続けている。

<↑ 目次に戻る>


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 藤色の陶器に入ったプリン、マーロウ 母の日向け、オンラインショップ限定

  2. かながわ動物飼育日記㉖ 新江ノ島水族館◇ミナミアメリカオットセイ

    新江ノ島水族館(藤沢市)

  3. ハマスタ☆応援弁当、試合開催日限定 焼き印や星形にも注目

  4. レタス 収穫から6時間以内に店着 樋口農園の菜速レタス 

    樋口農園(綾瀬市)

  5. タケノコ 【横浜・マルイファーム】新鮮なタケノコ、列できるほどの人気 ボランティアの協力も

    マルイファーム(横浜市都筑区)

人気タグ