かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 吾妻山の外れ小高い丘の上にある「日用美」(二宮町) 使うほど味わい増す日用品

うまい 吾妻山の外れ小高い丘の上にある「日用美」(二宮町) 使うほど味わい増す日用品

  • 日用美(二宮町)
  • 2021年5月27日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 二宮駅北口の吾妻山の外れ、小高い丘の上にある日用品の店「日用美」。使うことで味わいが増し、ぬくもりや愛着を感じられる生活にまつわる品々がそれぞれの個性を静かに放ちながら並ぶ。




 店主の浅川あやさん(47)が2013年に鎌倉・材木座に開き、子育てをきっかけに自然が身近なこの地に移った。緑に囲まれ朽ちようとしていた元別荘の洋館は、年代物の建具や梁(はり)などを上手に残して生まれ変わり、庭で伐採したカツラはランプに、カエデはスプーンや器などになった。

【関連記事】二宮産のオレンジと茅ケ崎産のレモン使った調味料「オレの胡椒」

 銅をたたき出して作る鍋、長野県・松本のホウキモロコシから作る和箒(ほうき)、作家が手掛けるスプーンやアクセサリー、柔らかい皮の財布や名刺入れ、かわいらしい一輪挿し、5年10年と使ううちに色味が変わっていく湯飲みなどの器の数々―。





 どれも浅川さんが足を運び見つけ出した一生付き合える品物だ。「愛着のある品が一つあれば、生活に潤いや満足感を与えてくれる。自分のお気に入りを見つけて」とほほ笑む。



 月に1,2回ほど作家をピックアップして展示会を開催。6月は岡山の靴工房「てのひらワークス」。大分くじゅう高原で伸び伸び育った鶏の卵をたっぷり使って浅川さんが週1回作る「かすてら」も人気。



日用美

住所 二宮町二宮1022の2
アクセス JR二宮駅北口徒歩7分
電話 0463(74)6603
営業時間 午前11時~午後5時
備考欄 日・月・火曜営業

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS 厚木のオカユスタンドで朝活! 朝田淳弥くん潜入リポ、朝粥で癒やしとエネルギーチャージを

    猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

  2. 国産栗を使用したスイーツ、マーロウ 期間限定でプリンとケーキ

  3. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  4. 【神奈川で楽しむ干支(牛)6選】極上ステーキに生クリーム、牧場見学も 【横浜スパゲッティ and CAFE】生クリームが〝主役〟のスイーツが味わえる

    横浜スパゲッティ and CAFE(横浜市西区)

  5. 生クリームたっぷりスイーツ 秦野・パンダクレープのクレープ 一番人気はバナナチョコ生クリーム

    パンダクレープ(秦野市)

人気タグ