かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 横浜・BISTRO CAFE FIOREの土鍋ごはん ディナー限定の看板料理!

推し おいしいお米が食べたい
横浜・BISTRO CAFE FIOREの土鍋ごはん ディナー限定の看板料理!

  • BISTRO CAFE FIORE(横浜市南区)

シェア・新聞購入ボタン

ディナー限定の土鍋ごはん。季節の食材を使う土鍋の炊き込みごはんも用意する
ディナー限定の土鍋ごはん。季節の食材を使う土鍋の炊き込みごはんも用意する

 横浜市南区の中村橋商店街で3代続いた老舗米店「大竹商店」が今年6月、イタリアン主体の洋食を提供する「BISTRO CAFE FIORE」に一新した。前身が米店という強みを生かし、「土鍋ごはん」をディナー限定の看板料理に掲げている。


シェフの手塚さん㊨と妻の悠さん㊧とともに、代表の大竹さんも店を切り盛りする
シェフの手塚さん㊨と妻の悠さん㊧とともに、代表の大竹さんも店を切り盛りする

 シェフの手塚和気さん(35)が、火の入れ方など試行錯誤を重ねた「土鍋ごはん」。粒の立った艶やかな白米は、かむほどに甘味が増し、そのおいしさに驚かされる。長年、米の仕入れや販売に携わってきた義理父で同店代表の大竹典之さん(64)も太鼓判を押す。

 使用する米は宮城県の契約農家が栽培するコシヒカリ。みそ汁付き1人前400円(注文は2人前から)で、炊き上がりに40分掛かるため、予約がお薦めだ。店で食べて気に入ったら購入できるようにと、精米の販売も行っている。



 料理を一手に担う手塚シェフは、レストランなどを展開する「キハチ」で腕を磨いた実力派。季節感を大切に、県内産の旬の食材をできる限り使って調理する。「誰でも気軽に楽しめる、地域交流の場にしていきたい」と意欲を見せる。



オススメ記事⇩


ルミネ横浜で秋のグルメフェア パフェ&実りの秋ごはん

横浜駅直結のルミネ横浜は10月15日~11月21日、秋のグルメフェア「秋のときめきパフェ&実りの秋ごはん2021」を...

2021年10月19日公開 | 2021年10月9日神奈川新聞掲載


ビストロカフェフィオーレ

住所 横浜市南区睦町1の31の4
アクセス 横浜市営地下鉄吉野町駅徒歩8分
電話 045(742)8713
営業時間 現在は午前11時~午後8時(日曜は同5時)。通常は午前8時半~午後8時半(日曜は午前11時~午後5時)
定休日 月曜と第2、4日曜
公式HP http://bistrocafe.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ