かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 【タブレット純】かながわ昭和歌謡波止場

推し 【タブレット純】かながわ昭和歌謡波止場

 ラジオと歌謡曲を愛してやまないタブレット純さんが、神奈川にまつわる昭和の歌謡曲についてつづります。



 たぶれっと・じゅん 歌手・お笑い芸人。1974年相模原市緑区出身。幼少期から歌謡曲のとりこになり、学生時代は中古レコード収集・研究に没頭する。2002年から04年まで和田弘とマヒナスターズのメンバーとして活動。現在は寄席やお笑いライブに出演し、独自の「ムード歌謡漫談」で注目を集める。相模原市名誉観光親善大使。


芸人で歌手のタブレット純 トークと歌声のギャップが魅力

ギタレレ(ミニギター)をつま弾きながら、哀愁漂うメロディーでオチをつける「ムード歌謡漫談」が話題の、芸人で歌手のタブ...


タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(1)平野愛子◆港が見える丘

きらめく名曲たちの「核」 皆さまこんにちは、タブレット純と申します。誰? 電子機器? とお思いの方も多いと思うのですが...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(2)美空ひばり◆悲しき口笛

庶民の頰ぬらした少女の歌声 カトリック幼稚園の恩師が、いまだに僕のことを応援してくれています。ちょうど歌手になった2...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(3)鹿内孝◆本牧メルヘン

けむる街と大人の悲しい童話 言葉にしただけで、けむりがふっとゆらめく街。僕の中の本牧のイメージであります。〝モク〟と...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(4)山口百恵◆横須賀ストーリー

群青の海に導かれ 20代の頃、相模原は東林間のアパートで1人暮らしをしていました。お隣が小さな教会で、その神父さまが...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(5)青江三奈◆伊勢佐木町ブルース

マリンブルーと優しい囁き 「ため息を一つつくごとに幸せが一つずつ消えて行くよ」。そんなことを言ったのは遠い日の恋人で...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(6)小林旭◆昔の名前で出ています

酒場にあった生きた言葉 「歌詞は書き出しの2行で決まる」。作詞家・星野哲郎さんご自身がそう語られていたように、♪京都に...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(7)フランク永井◆夜霧の第二国道

道の始まりに思いはせる 「いずれ第二のマヒナをつくる予定もあるからな。そのつもりでがんばれよ」。こんな言葉を投げ掛け...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(8)中村雅俊◆恋人も濡れる街角

土着性感じるシティーポップ ♪生まれて来なければ よかったなんて 心が つぶやく日は 人ごみに背を向け 会いに行くのさ 懐か...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(9)バンバン◆縁切寺

北鎌倉舞台の悲しい一人旅 近所の沼袋のお寺に、さだまさし? 田舎のお祭りに“美空ひはり来たる!”みたいなやつかと思わず濁...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(10)オフコース◆秋の気配

心に染みる切ない恋の場面 全ての中で、一番好きな歌は? たまに質問されるのですが、ぼくは「ちいさい秋見つけた」と答える...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(11)内山田洋とクールファイブ◆港の別れ唄

雨に濡れた2人の思い出 ♪雨が小粒の真珠なら 恋はピンクのバラの花… いきなり本題でない歌からで恐縮なのですが、これは橋...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(12)平山三紀◆「ビューティフル・ヨコハマ」

隠れた純情描く 筒美サウンド 10月、「筒美京平マイ・コレクション」として、自分もお世話になっているコロムビアレコー...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(13)三鷹淳とチャッピーズ◆「行くぞ大洋」

球団のルーツ宿す熱い応援歌 芸人でありながら、キャッチフレーズは“生きながら死んでいる男”。こんなぼくなのですが、今ま...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(14)石原裕次郎◆「サヨナラ横浜」

ムード歌謡の父が生み出した名曲 ぼくのなかで石原裕次郎さんというと、ビルの谷間から夕陽突き刺す雑踏を、三つ揃(ぞろ)...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(15)三原幸子◆「津久井湖慕情」

住民の思い乗せたはかない旋律 「また始まったよ!」小学2年の時でしたか、父自慢の家具調のステレオコンポ(義兄の遺品)...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(16)五木ひろし◆よこはま・たそがれ

舶来色の街浮かぶ 3分の映画 常に、頭のてっぺんから声が出ている人。回転寿司(すし)屋で「明太サラダ軍艦」を頼んだら「...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(17)カルーセル麻紀◆愛してヨコハマ

鎌倉で発見 〝回転木馬〟の足跡 タブレットとは、古くは鉄道用語において、金属状の円盤をさしたのだそうです。これは列車の...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(18)ダウン・タウン・ブギウギ・バンド◆港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

愛への珠玉の回り道 度々、というか年に一回、出させていただいているクイズ番組がありまして、それも決まって新春一発目。...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(19)津村謙◆上海帰りのリル

和洋折衷の名曲 国民を魅了 前回の「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は、そのブームから勢い余って、いくつかのアンサーソ...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(20)フランク永井◆真白き富士の嶺

少年たちの魂に心寄せる 江ノ電が好きで、時折揺られに行くのですが、お天気の良い日には、ちょうど七里ケ浜あたりの車窓か...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(21)横浜銀蠅◆ツッパリHigh School Rock'n Roll (登校編)

〝はぐれ者〟たちに愛を込めて “ツッパリ”のツの字もない人生を送ってきました。アパートの部屋に掛けたツッパリ棒が、非力...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(22)寺内タケシとバニーズ◆愛のリメンバー

ハマのGSが歌う キラキラの海 レコードジャケットに“時空超えサイン”をいただくことをひそかな愉(たの)しみにしているぼく...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(23)津江不二夫とコンソルティーノ◆ダウンタウン横浜

歌に描かれた 庶民が暮らす横浜 横浜というと、異国情緒あふれるモダンな街。海風に彩られた、爽やかでおしゃれなイメージば...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(24)ペドロ&カプリシャス◆五番街のマリーへ

横浜港発の無国籍ソング ぼくの中で歌謡曲の魅力は、基本的にはすべて「無国籍感」に尽きる気がしています。それはたとえ「...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(25)ザ・ゴールデン・カップス◆本牧ブルース

幸を呼ぶ磁力 渦巻く街 名乗るほどのもんじゃぁござんせん。時代劇の再放送なんかで耳にする台詞(せりふ)ですが、そのGS...

タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(26)石川セリ◆八月の濡れた砂

湘南の群像劇 縁取る旋律 ラジオでご一緒している大竹まことさんに、「何かオススメの映画などありますでしょうか?」と尋ね...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. クルミッ子 パステルグリーンのデザイン缶発売 鎌倉紅谷

  2. 期間限定スイーツも 横浜赤レンガ倉庫でいちごの祭典 3日から「ストロベリーフェスティバル」

    横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)

  3. 2月22日「猫の日」 ニュウマン横浜に猫グッズ集合 「カナガワキャットカーニバル」2日~28日

    ニュウマン横浜(横浜駅西口直結)

  4. バレンタインデー 「クルミッ子」のキャラメルソース 鎌倉紅谷

  5. クッキー 神奈川のクッキー5ブランドが集合し「クッキーパーティー」 2416MARKET

人気タグ