かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 茅ケ崎のBOOK PORT CAFE 文芸・詩集・絵本・人文など蔵書1200冊

推し くつろぎの空間
茅ケ崎のBOOK PORT CAFE 文芸・詩集・絵本・人文など蔵書1200冊

  • BOOK PORT CAFE(茅ケ崎市)

シェア・新聞購入ボタン

カフェコーナーからの眺め。コーヒーと店主手作りの日替わりパウンドケーキ(200円)
カフェコーナーからの眺め。コーヒーと店主手作りの日替わりパウンドケーキ(200円)

 閑静な住宅街にある小さなブックカフェ「BOOK PORT CAFE」。店主・山根擁子さんは幼い頃から本が大好きで、語り部のように覚えた昔話などを話す「語り」ボランティアや北海道・札幌の書店「くすみ書房」の店員などで本に関わる仕事に携わってきた。




 店内では、文芸・詩集・絵本・人文などおよそ1200冊の山根さんの蔵書をゆっくりとコーヒーとお手製のパウンドケーキを味わいながら読むことができる。「自分の人生を見せているようなもの」とはにかむ。登録制で本を貸し出しする「舫本(もやいほん)」も好評だ。


こんぶトマト文庫
こんぶトマト文庫

 店の一角には、九鬼将司さんが運営する書店「こんぶトマト文庫」もある。取り戻すという意味合いの「恢復(かいふく)」をテーマにそろえた新刊書を販売、本の取り寄せも行っている。

 細長く明るい店内は整然と物が並び居心地がよく読書に集中できる。山根さんは「本は時空を超えて世界へと通じる港。普段手に取らない本から新たな出会いがあることも。まずは中をご覧になって」と、来店を呼び掛ける。


店主の山根さん
店主の山根さん

ドリンク類300円~、週替わりのパウンドケーキ200円。時間制限などの制約はなし。
※こんぶトマト文庫の本はカフェコーナーで読むことはできない。

2021年11月3日公開 | 2021年10月23日神奈川新聞掲載


BOOK PORT CAFE

住所 茅ケ崎市富士見町5の11の1
アクセス JR茅ケ崎駅またはJR辻堂駅からバスで平和学園下車1分
電話 0467(82)0944
営業時間 午前10時~午後6時
定休日 木~土曜
公式HP https://bookportcafe-2020.amebaownd.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 文化部探検隊 文化部員の体験記 「#神奈川に住んでるエルフ」第2巻 県民禁断テーマ「“湘南”とはどこか」収録

  2. ぶらり♪街めぐり 肉のうまみ押し寄せる◇Burger&Sandwich Vamola(横浜市中区)

    バーガーアンドサンドウィッチ バモラ(横浜市中区)

  3. 映画 映画「グロリアス 世界を動かした女たち」 女性差別や人種差別と闘ってきた激動の半生

  4. 焼き菓子 イタリア焼き菓子 BLU CIELO(川崎市川崎区)の焼き菓子 「優しい味」が評判

    イタリア焼き菓子 BLU CIELO(川崎市)

  5. K-Person 李相日さんに聞く 純粋な関係性に希望 情趣にあふれた映像

人気タグ