かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 小田原で茶葉栽培する夫婦が魅力伝えるカフェ兼製茶工房「TEA FACTORY 如春園」

推し 深まる秋は紅茶と共に
小田原で茶葉栽培する夫婦が魅力伝えるカフェ兼製茶工房「TEA FACTORY 如春園」

  • TEA FACTORY 如春園(小田原市)

シェア・新聞購入ボタン

こゆるぎ紅茶を焙じた「ほうじこゆるぎ紅茶」もおすすめだ
こゆるぎ紅茶を焙じた「ほうじこゆるぎ紅茶」もおすすめだ

 小田原地域で茶葉を栽培する小倉友哉さん・純子さん夫婦が、昨年オープンさせたカフェ兼製茶工房。紅茶とスイーツ、南インドカレーが楽しめる。

 「お茶づくり体験や、音楽や作家の作品を楽しんだり、製茶の様子がのぞけたり。いろいろな形でお茶の魅力を伝える空間を探していた」と純子さん。



 都内でパティシエをしていた純子さん手作りの「紅茶のプリン」(500円)や、ほうじ茶の粉末を使い、香ばしさとお茶のすっきりした味わいを加えた「ほうじ茶のバスク風チーズケーキ」(同)などのスイーツも紅茶の魅力を引き出す。



 2人がつくる「こゆるぎ紅茶」は、肥料を使用せず、インド・ダージリンで学んだ方法で製茶を行う。友哉さんがツアーコンダクターとしてインドやスリランカを訪れたことがきっかけで、2009年から農薬に頼らない茶葉で紅茶を作り始めた。

 「特に春摘みの茶葉は発酵させずに製茶するため、すっきりして香り高く食事にも合います」と友哉さん。


TEA FACTORY 如春園

住所 小田原市板橋636
アクセス 箱根登山鉄道箱根板橋駅徒歩3分
電話 0465(20)4361
営業時間 ランチ=午前11時半~午後1時半L.O.。喫茶=午後2時~4時半L.O.。
定休日 日・月曜(新茶、2番茶の時期は不定休)
公式HP https://www.joshunen.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。



2021年11月11日公開 | 2021年10月30日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


深まる秋は紅茶と共に横浜の紅茶専門店「珈茶問屋アンジェ」 定番からオリジナルまで品ぞろえ豊富

横浜市保土ケ谷区の紅茶専門店「珈茶問屋アンジェ」は2016年のオープン以来、豊富な品ぞろえで初心者から愛好家まで幅広...

珈茶問屋アンジェ(横浜市保土ケ谷区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ