かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 大山阿夫利神社、モミジとミシュラン認定の絶景人気 「升ティラミス」お薦め

推し 紅葉&立ち寄りスポット
大山阿夫利神社、モミジとミシュラン認定の絶景人気 「升ティラミス」お薦め

  • 大山阿夫利神社(伊勢原市)

シェア・新聞購入ボタン

(大山阿夫利神社提供)
(大山阿夫利神社提供)

 2200年以上前に創建されたと伝えられ、関東総鎮護の霊山として崇敬される「大山阿夫利神社」。紅葉の名所として知られる大山のモミジと、ミシュランガイド2つ星に認定された絶景が人気だ。20~28日はライトアップも行われ、相模平野の夜景と紅葉の競演を堪能できる。【見ごろ:11月中旬~下旬】


ライトアップ

 20~28日、日没~午後7時(土日・祝日は同8時)。期間中は、大山ケーブルカーも午後7時まで延長運行(土日・祝日は同8時まで)。


大山寺・大山阿夫利神社

住所 神奈川県伊勢原市大山355
アクセス 小田急線伊勢原駅からバスで大山ケーブル下車15分で大山ケーブルカー駅(大山寺駅、阿夫利神社駅)
電話 伊勢原市観光協会、電話0463(73)7373=平日のみ
公式HP http://www.afuri.or.jp/
備考欄 最新情報は同協会[HP/https://isehara-kanko.com/]

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

立ち寄りスポット 茶寮 石尊のお薦めは「升ティラミス」


升ティラミスと抹茶
升ティラミスと抹茶

 ぜひ立ち寄りたいのは、同社下社に隣接する「茶寮 石尊」。令和へ年号の移った2019年にオープンした。普段の暮らしの中で神社との接点がなかったり、境内で遊んだ記憶がない人も増える昨今。「神社が身近なものになるよう、新しい入り口としての役割を担ってくれたらという思いでスタートしました」と話すのは神主兼寮長の目黒久仁彦さん。建築家の堀部安嗣さん、施工には伊勢原市出身の宮大工・内田幸夫さんを迎え、テラス席や縁側席、和室など、くつろぎながらも凛としたたたずまいを感じられる。「テラス席からは紅葉と相模平野が見渡せます。思い思い、お気に入りの風景を楽しんでほしい」と目黒さん。

 お薦めは「升ティラミス」(750円)。地元産の卵や老舗茶店の抹茶を使用した濃厚な味わいだ。名水として知られる大山の湧き水で入れた「ブレンドコーヒー」(580円)や「抹茶」(700円)なども合わせていただきたい。


縁側席
縁側席

茶寮 石尊

住所 伊勢原市大山12
アクセス 大山ケーブルカー阿夫利神社駅徒歩3分
電話 0463(94)3628
営業時間 午前9時45分~午後3時半L.O.(土日・祝日は同4時L.O.
定休日 不定休
公式HP https://m.facebook.com/oyama.sekison/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

2021年11月13日公開 | 2021年11月6日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


神奈川県の紅葉スポット | 紅葉名所2021~ぶらり秋散歩~

川崎・横浜 ■生田緑地(小田急線向ケ丘遊園駅徒歩13分)。11月上旬~12月下旬。東口ビジターセンター☎044(933)...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【2021-2022】神奈川イルミネーション県内のスポットを紹介

  2. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  3. 横浜・みなとみらいを彩るイルミ「ヨルノヨ」 11月18日から新港中央広場などで開催

  4. ショパン国際ピアノコンクール2位 反田恭平が来年3月、ミューザ川崎シンフォニーホールのコンサート出演

  5. ジャンボクリスマスツリー、宮ケ瀬 土曜には花火打ち上げも

人気タグ