かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 鎌倉・稲村亭の炭火焼豚 しょうゆベースのタレと炭火の香りが豊か

推し 焼いて炙った秋のごちそう
鎌倉・稲村亭の炭火焼豚 しょうゆベースのタレと炭火の香りが豊か

  • 稲村亭(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン


 江ノ電沿いに立つ、創業70年を超える老舗肉店「稲村亭」。長年にわたり全国から愛され続けている看板商品の「炭火焼豚」(1本1300円~)は、しょうゆベースの秘伝のタレと炭火の香りが豊かな逸品。炭火でじっくりと焼くことで、肉のうま味を最大限に引き出した。濃すぎない味付けと柔らかな国産の豚ももが食べやすいと、女性やお年寄りを中心に好評だ。



特製釜の中で、約1時間かけてじっくりと焼き上げた「炭火焼豚」
特製釜の中で、約1時間かけてじっくりと焼き上げた「炭火焼豚」

秘伝のタレ
秘伝のタレ

 香味野菜と大磯産のしょうゆで作ったシンプルなタレは、3代目の今子真一さん(46)が先代から受け継いだもの。「一つ一つ丁寧に作りたい」と、工場生産ではなく一人で味を守り続ける。作る過程で漬け込んだ肉のうま味が合わさり、さらにコクや深みを増していく。


創業当時から変わらぬ味と製法を守り続けている「炭火焼豚」。香ばしくやわらかで、贈答用にも人気が高い
創業当時から変わらぬ味と製法を守り続けている「炭火焼豚」。香ばしくやわらかで、贈答用にも人気が高い

 たっぷりの刻みショウガを加えた「豚そぼろ」(680円)は今子さんのショウガ好きが高じて生まれた商品。白いご飯にかければ、何杯でも食べられそうだ。贈り物にも最適。


江ノ電が目の前を通り過ぎるこの風景は、商品のパッケージにも使われている
江ノ電が目の前を通り過ぎるこの風景は、商品のパッケージにも使われている

稲村亭

住所 鎌倉市稲村ガ崎1の13の25
アクセス 江ノ電稲村ケ崎駅徒歩1分
電話 0467(24)8101
営業時間 午前9時半~午後6時
定休日 火曜、第3水曜
公式HP https://www.kamakura-yakibuta.co.jp/
備考欄 オンラインショップあり。公式[HP]ではアレンジレシピも公開中

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

2021年11月21日公開 | 2021年11月13日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ひとりでも焼き肉楽しめる川崎の焼肉店「肉と飯」 極上肉を好きなペースで好きな加減で

昨年10月にオープンした川崎市中原区にある焼肉店「肉と飯」。コロナ禍前から〝ひとり焼き肉〟を構想し、「料理人が見極め...

肉と飯(川崎市中原区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【2021-2022】神奈川イルミネーション県内のスポットを紹介

  2. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  3. 横浜・みなとみらいを彩るイルミ「ヨルノヨ」 11月18日から新港中央広場などで開催

  4. ショパン国際ピアノコンクール2位 反田恭平が来年3月、ミューザ川崎シンフォニーホールのコンサート出演

  5. ジャンボクリスマスツリー、宮ケ瀬 土曜には花火打ち上げも

人気タグ