かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 相模原・はやしファームのミニダイコン3種類 サラダなどの生食はもちろん漬物も色鮮やかでお薦め

とれたて ミニダイコン
相模原・はやしファームのミニダイコン3種類 サラダなどの生食はもちろん漬物も色鮮やかでお薦め

  • はやしファーム(相模原市南区)

シェア・新聞購入ボタン

〔左から〕つやのある収穫直後の三太郎とあやめっ娘、紅くるり大根、紅三太
〔左から〕つやのある収穫直後の三太郎とあやめっ娘、紅くるり大根、紅三太

 ダイコンや小松菜、カブなどの定番野菜に加えてビーツやケールなどの珍しい野菜まで、年間約30種類を露地栽培する「はやしファーム」。

 林秀宣さん(44)は県立かながわ農業アカデミーで農業を基礎から学び、担い手のいなくなった農地を借りて栽培を行うNPO法人「援農さがみはら」での活動を経て、妻・美穂さん(44)と2015年に同園をスタート。2千平方メートルでの小松菜栽培から始まった畑は現在2万5千平方メートルもの広さに拡大した。



栽培中の紅くるり大根
栽培中の紅くるり大根

 8月下旬から9月初旬にかけて種まきしたダイコン類が10月末から収穫時期を迎えている。根菜類は育つ課程で石や土の塊などに当たると変形するため、作付け前の土壌管理が肝心だそうだ。

 ミニダイコンは、真っ赤な皮の「紅三太」、首の部分が赤紫色をした「あやめっ娘」、中まで赤い色の「紅くるり大根」と3種類。どれもみずみずしくシャキシャキした食感でサラダなどの生食はもちろんお薦めだが、漬物などにしても鮮やかな色が生きる。



 根が一般的なダイコンよりも短い「短形種」の「三太郎」は太さが均一で小ぶりなサイズ、美しい白色なのが特徴。加熱で味が染みこみやすいので、寒い時期の煮込み料理などに使いやすい品種だ。


 (左から)林秀宜さんと妻の美穂さん
(左から)林秀宜さんと妻の美穂さん

 「実は大根の葉ってトゲがたくさん生えていて、採る時は皮膚にこすれて痛がゆいんだよね」と林さん。「でも、抜いた瞬間に良い出来だと、それはもううれしい瞬間ですよ」と美穂さんが隣で目を細めた。

 一度に大量にではなく、野菜にとって一番良いタイミングでこまめに収穫するのが林さん夫婦のやり方。手間を惜しまず栽培した鮮度の良い作物は市内の直売所やアンテナショップ、スーパーなどで購入可能だ。

お薦め品

◇小松菜    1袋 100円~

◇ダイコン各種 1本 120円~


はやしファーム

住所 相模原市南区下溝3495の1
アクセス JR相模原駅からバスで麻溝車庫下車1分
電話 090(7406)2717

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

ここで買える


JA相模原市農産物直売所 ベジたべーな

住所 相模原市中央区青葉3の1の1
アクセス JR淵野辺駅からバスで和泉短大前下車2分
電話 042(851)3583
営業時間 午前9時半~午後5時
定休日 水曜、12月31日~1月6日休み
公式HP https://www.jakanagawa.gr.jp/sagamihara/tenpo/nousanbutsu_chokubai.html
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


さがみはらアンテナショップ  sagamix(さがみっくす)

住所 相模原市南区相模大野3の2の1、ボーノ相模大野ショッピングセンター2階
アクセス 小田急線相模大野駅徒歩3分
電話 042(705)8455
営業時間 午前10時~午後9時
公式HP https://www.e-sagamihara.com/topics/topics-971/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2021年11月19日公開 | 2021年11月18日公開神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


種 苗厚木・しかま種苗本店の種 種類豊富、ダイコンだけでも30種

小田急線本厚木駅から程近く、相模大橋近くのアーケード街にたたずむ種苗専門店。創業約90年の老舗が扱うのは、野菜や花の種...

しかま種苗本店(厚木市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ