かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 椎茸屋(松田町)の原木シイタケ 寄地区の恵みはうま味が凝縮

とれたて シイタケ
椎茸屋(松田町)の原木シイタケ 寄地区の恵みはうま味が凝縮

  • 椎茸屋(松田町)

シェア・新聞購入ボタン


 父から引き継いだ農園で、2006年から「環境に低負荷であること」をコンセプトに原木栽培のシイタケを生産する佐藤啓太さんと兄の勘平さん。昨年の冬に植菌したほだ木から力強く発芽したシイタケの収穫に追われている。

 佐藤さんの農園では、冬から春にかけ、原木に穴をあけてシイタケ菌を打ち込む。木の中に菌が巡るよう毛布とビニールを使って保湿・保温をしたり、重たい原木を季節に応じて組み方を変えるなど、キノコが顔を出す環境作りに約1年を要する。菌床栽培ではなく、重労働で手間も時間もかかる原木栽培を選ぶ理由を聞くと「父の農園を引き継いだことももちろんあるが、緑豊かな松田町の寄(やどりき)地区で、日頃から環境に配慮する両親の元で育ってきたこともあり、循環する農業に自然と進んでいった」と啓太さん。伐採した株から新たな芽が出やすいクヌギやコナラなどを原木に選んだり、役目を終えた原木を燃やした灰を肥料にしたり。シイタケの栽培でも「あくまでキノコが出てくるのを手助けする立場で環境を整えている」と話す。




 長い時間をかけ、堅い木の皮を破って出てくる原木シイタケはギュッと詰まった肉厚で歯応えがあり、香りも格別だ。

 おいしいシイタケを届けるため、収穫のタイミングにも気を配る。キノコは胞子を飛ばすために傘を開くが、胞子がうま味になるので、開き始めてすぐの段階の肉厚でうま味の強い状態で収穫する。「焼いてもカレーなどの煮込みでも、どんな料理にも相性が良く、うま味がプラスされます。でも、まずは、塩やチーズでシンプルに。かさを上に向けるのを忘れずに」と呼び掛ける。



 今後は、体験農園なども視野に入れる。「日本の伝統作物でもあるシイタケに多くの人に興味を持ってもらうこと、また、地域の恩返しになるよう、地域活性化にもつながったら」と啓太さんは話す。

お薦め品

◇原木シイタケ 1パック 203円~

ここで買える


ヤオコー 小田原ダイナシティ店

住所 小田原市中里208番地
アクセス JR鴨宮駅などからバスでダイナシティ下車すぐ
電話 0465(48)1211
営業時間 午前9時~午後8時
公式HP https://www.yaoko-net.com/store/store07/192.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


やさいや金次郎

住所 横浜市青葉区もえぎ野6の5
アクセス 東急田園都市線藤が丘駅徒歩5分
電話 045(507)3455
営業時間 午前10時半~午後6時
定休日 木曜
公式HP https://yasaiya-kinjiro.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2021年12月10日公開 | 2021年12月9日公開神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


秋の味覚狩り2016⑥【神奈川でキノコ狩り】小田原の原木しいたけ狩り 炭火焼きがおすすめ

相模湾を望む、標高200メートルを超える斜面にある農園で、原木栽培のシイタケ狩りが1年中楽しめる。 シイタケハウスは...

きのこ苑 お山のたいしょう(小田原市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 横浜イングリッシュガーデン園内カフェのFlowerソフト 食用花で飾られたバラ風味のソフトクリーム

    横浜イングリッシュガーデン(横浜市西区)

  2. 期間限定スイートピンクの「クルミッ子」缶

  3. K-Person 小栗旬さんに聞く 葛藤し続けた義時、〝らしさ〟大事に

  4. とろける食べ物大集合 藤沢・レストランアンチョビのパングラタン 山盛り具材とチーズで迫力満点

    レストランアンチョビ(藤沢市)

  5. 焼き芋 焼き芋専門店「超蜜やきいも」の横浜磯子店、オープン 「蜜が滴るほど甘いのに無添加」

    「超蜜やきいもpukupuku」横浜磯子店

人気タグ