かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. haru+(川崎市麻生区)でバッグ作り 「手作りの楽しさ」に出合えるお店

推し 新生活を彩るアイテム
haru+(川崎市麻生区)でバッグ作り 「手作りの楽しさ」に出合えるお店

  • はるプラス(川崎市麻生区)

シェア・新聞購入ボタン


 雑貨や手作り小物の販売とワークショップを開催している同店。今の時季は、「新入学・入園フェア」を開催し、近隣の幼稚園や学校の指定サイズに合わせたグッズを製作・販売しているほか、オーダー受注や手作りのサポートを行っている。

 オーナーの鈴木泉さんはクラフト作家。共に運営する娘の絢子さんが小さい頃から、ママ友に製作を頼まれていたという。



鈴木さんによる学校指定サイズの手作り品。そのほか、給食や上靴用の巾着、最近ではオンライン学習用のタブレットケースもある
鈴木さんによる学校指定サイズの手作り品。そのほか、給食や上靴用の巾着、最近ではオンライン学習用のタブレットケースもある

 この日は、4月に子どもが小学校に入学する多摩区在住の主婦2人が参加。学校指定サイズの「防災ずきんカバー」と、通学に使うバッグを手作りした。

 事前に作るものを鈴木さんに伝え、2人は布やパーツを持参。裁断、アイロンがけ、ミシン縫いを教えてもらいながら作業する。

 「コロナ禍当初の手作りマスクをきっかけに作りたい人が増えたように思う」と鈴木さん。ミシンだけ使いに来る客もいるという。「親御さんたちは忙しい。頼ってほしい」と呼び掛ける。フェアは4月末まで。

ワークショップ



 手作りサポート2時間3千円(布持ち込み)。レッスンバッグ(オーダー2千円~、布代別)、上履き入れ(同1500円~)、巾着類(同500円~)。ミシン使用1時間500円。

2022年3月21日公開 | 2022年3月17日神奈川新聞掲載


haru+(はるプラス)

住所 川崎市麻生区百合ケ丘2の19の58
アクセス 小田急線百合ケ丘駅徒歩3分
電話 044(953)1676
営業時間 午前10時~午後6時半
定休日 月曜と第1火曜
公式HP https://haruplus.shopinfo.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


武士の魅力を探せ侍気分(鎌倉市)でそろう侍グッズ 日常使いがコンセプト

鎌倉時代や戦国時代、幕末の侍をテーマにした侍グッズの専門店「侍気分(鎌倉市)」。日常使いができるシンプルなデザインを...

侍気分(鎌倉市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. 弁当 夏の味覚を詰め合わせた弁当 崎陽軒の新作

  3. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  4. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  5. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

人気タグ