かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. もてあました夜の時間は「バー」ならぬ「バーバー」へ 山口理容店(葉山町)の夜間営業が人気

気になる イマ的生活
もてあました夜の時間は「バー」ならぬ「バーバー」へ 山口理容店(葉山町)の夜間営業が人気

  • 山口理容店(葉山町)

シェア・新聞購入ボタン

国内外で人気の「スキンフェード」は太郎さん得意のスタイル。基地内で多様な髪質の外国人を扱い培ったバリカン技術で、サイドをミリ単位で刈り上げていく
国内外で人気の「スキンフェード」は太郎さん得意のスタイル。基地内で多様な髪質の外国人を扱い培ったバリカン技術で、サイドをミリ単位で刈り上げていく

 日が沈み、辺りが暗くなった午後6時すぎ。仕事帰りの男性客が「け」と描かれた銭湯風ののれんをふらりとくぐっていく。

 大正時代から続く「山口理容店」の4代目・山口太郎さん(29)がおととしから始めた夜間営業が、人気を集めている。通称「ナイトバーバー」。日中営業を終えた父・昌男さん(74)が最後の客を見送ると、太郎さんが入れ替わりで客を迎え入れる。

 太郎さんはコロナ禍をきっかけにナイトバーバーを始めた。それまで横須賀市の米軍基地内の理容店で働いていたが、感染拡大により2020年春から数カ月間、基地が入場不可になった。「やりたかったことをやってみよう」。コロナ禍を逆手に取り、実家である同店へと戻って貼り紙1枚から始めた。理容店では異例の試みだったが、貼り紙は地元客の目にとまり、やがてメディアで取り上げられるようになると、移住者も含めて多くの予約が入るようになった。

 人気の秘けつは、付加価値を付けたメニューにもある。「リラックスした時間を過ごしてほしい」と、基本の「海コース」(7千円)にはシャンプー、カット、顔そりに加えて、エステやヘッドマッサージ、酵素パックなど9種を盛り込んだ。1人に対してじっくり2時間かける。変則的な勤務時間の人や、子育て中の父親も多く、時には朝まで施術することもあるそうだ。

 もてあました夜の時間を「バー」ならぬ「バーバー」で過ごしてみるのはいかがだろう。



2022年4月1日公開 | 2022年3月31日神奈川新聞掲載


山口理容店

住所 葉山町下山口1494
アクセス JR逗子駅または京急線逗子・葉山駅からバスで葉山下車2分
営業時間 夜間は午後5時~11時頃まで(完全予約制)
定休日 不定休(インスタグラムで告知)
公式HP https://yamaguchi-barber.com/
備考欄 予約は電話080(1172)4463またはインスタグラムのメッセージへ

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


YouTube「有隣堂しか知らない世界」が話題 MCのR.B.ブッコローと繰り広げる愉快なやりとりが魅力

県内を中心に展開する書店チェーン・有隣堂(横浜市戸塚区)の公式YouTubeチャンネル「有隣堂しか知らない世界」が話...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ