かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 逢坂冬馬のデビュー作「同志少女よ、敵を撃て」 累計発行部数47万部を突破

気になる 小説
逢坂冬馬のデビュー作「同志少女よ、敵を撃て」 累計発行部数47万部を突破

(早川書房、2090円)
(早川書房、2090円)

 逢坂冬馬のデビュー作「同志少女よ、敵を撃て」が累計発行部数47万部を突破した。第2次世界大戦中の独ソ戦で、心と身体に傷を負いながらも苛烈な戦いに身を投じていく女性狙撃兵たちの姿を描く。重厚なテーマながら、魅力的な人物造形と読みやすい文体で幅広い世代に支持が広がった。

 会社勤めの傍ら小説を書いていた逢坂は、昨年8月、今作で第11回アガサ・クリスティー賞大賞を受賞。第166回直木賞の候補作となったことでも話題を集め、今年4月には第19回本屋大賞に輝いた。「書店員さんが応援してくれるだけでなく、戦争小説になじみがなかったという女性や若い人からも感想をもらえるのもうれしいですね」と手応えをにじませる。

 物語の主人公は、モスクワ近郊の農村で育った少女・セラフィマ。1942年、ドイツ軍の襲撃を受けた村は全滅するが、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。イリーナが教官を務める訓練学校で狙撃兵となったセラフィマは、ある思いを胸に秘め、戦場に向かっていく。


1985年埼玉県生まれ。3歳から横浜市で育ち、明治学院大学国際学部(同市戸塚区)で学んだ。「在学中の懸賞論文で学長賞をいただいた。審査委員長の高橋源一郎先生に評価してもらえたことは大きな励みになりました」=東京都内
1985年埼玉県生まれ。3歳から横浜市で育ち、明治学院大学国際学部(同市戸塚区)で学んだ。「在学中の懸賞論文で学長賞をいただいた。審査委員長の高橋源一郎先生に評価してもらえたことは大きな励みになりました」=東京都内

 物語のテーマは戦争とジェンダー。戦争の中で女性たちが受ける差別や苦しみを細やかに描ききった。史実をベースにしていることから膨大な資料を読み込んだが、主人公たちの内面についてはスベトラーナ・アレクシエービッチが独ソ戦に従事した女性たちの声をまとめた「戦争は女の顔をしていない」(岩波書店)と、リュドミラ・パヴリチェンコの回想録「最強の女性狙撃手─レーニン勲章を授与されたリュドミラの回想」(原書房)の2冊に学んだ部分が大きいという。「『戦争は─』には、元女性兵士たちがどんな出来事に困惑し、そして慣れていってしまったのかがうかがえる生の言葉が詰まっている。リュドミラの回想録からは完成されたスナイパーの姿を知ることができました」

 伝えたかったのは「人間の内面を変えてしまう戦争の恐ろしさ」。だからこそ戦後の主人公たちの姿を丁寧に描いた。309人のドイツ兵を殺して称賛されたリュドミラも、戦後は孤独だったのではないか、と推察する。「戦争経験者である祖父母の体験に触れ、戦争が人生に与える影響の大きさを実感した。生き残った人が直面するつらさや苦しみこそ書かなければならないと思ったんです」

 2月に始まった、ロシアによるウクライナ侵攻には衝撃を受けた。「落ち込みましたが、執筆時は現実の戦争に思いを致してほしいという気持ちもあった。今はウクライナで傷ついている方に寄付金を送るほか、OVDインフォ(ロシアの人権団体)に寄付することでロシア国内の反戦運動を支援しています」

 今後はジャンルを限定せず、広く関心のあるテーマで執筆に取り組みたい、と話す。「現代の日本を舞台にしたものも書きたい。ただ、戦争というテーマは自分の中のゆるぎないテーマとして持ち続けることになると考えています」

2022年5月30日公開 | 2022年5月30日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


鎌倉時代鎌倉時代テーマにした作品紹介 鎌倉文学館で特別展「鎌倉時代黎明」

日本史上はじめて、武士が政権を握った鎌倉時代。その激動の歴史をテーマにした作品を紹介する特別展「鎌倉時代黎明(れいめ...

宇佐見りんが新作「くるまの娘」 家族の姿、緻密に描く

宇佐見りんの新作「くるまの娘」(河出書房新社、1650円=写真)が刊行された。これまでの作品でも親子関係を描いてきた...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ