かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<エダマメ編>

とれたて エダマメ
教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<エダマメ編>


 「エダマメ」を食べると、旬のおいしさを感じずにはいられないですね。別名「畔豆(あぜまめ)」とも呼ばれ、もともと田んぼの畔に植えていました。根が頑丈でなかなか抜けないので、畔の補強に向いていたのです。

 エダマメは大豆が熟す前の若いさやのことを言い、エダマメという名の植物はありません。枝付きのまま収穫されるため「枝豆」と呼ばれ野菜の一種とされますが、完熟して収穫すれば「大豆」で豆類。ちなみに「大豆」という字の由来は“大きな豆”ではなく、「大いなる豆」からだといわれています。

 時間と共に栄養とうまみが抜けやすいので、鮮度が落ちにくい枝付きがあれば、そちらを買いましょう。一つの枝にマメが密集しているものがおすすめです。

 食べやすいよう枝を切り離している場合、売られている袋のまま保存するとよいでしょう。鮮度保持袋で売られていることが多く、袋の中の酸素濃度を適度に調整し、鮮度を保つ機能があるからです。ただ枝付きでもそうでなくても鮮度落ちが早く、買ったらすぐに調理するのが理想です。

 原産は中国で、日本には稲作とともに伝わったとされ「古事記」や「日本書紀」に五穀のひとつとして記されています。エダマメとして食べるようになったのは江戸時代で、夏に枝つきのままゆでたものを歩きながら食べたそうです。

 エダマメを選ぶ時、どちらがおすすめでしょう?
(1)パンパンに膨らんでいるもの
(2)膨らみ具合が7~8割のもの



 正解は(2)です。さやが膨らんでいるものは、大豆になろうとしています。でんぷんが多く粉っぽい食感になるので、膨らみ具合が7~8割くらいのものがプリっとして、おいしいです。(味の好みがあるので、食べ比べても楽しいですよ)

 「焼きエダマメ」
 洗ったものをそのままフライパンで油をひかずに蒸し焼きにするだけです。または、洗ったらアルミホイルで包みオーブントースターで蒸し焼きに。ゆでることで流出する栄養分を摂取できるだけでなく、味もギュっと濃くなる感じです。

 「エダマメのみそ汁」
 沸騰した湯にさやごと入れ、ゆであがったらみそを溶かし入れて食べます。まるでシジミのだしが入っているかのように、エダマメの甘みとうまみだけでごちそうになります。さやに含まれる食物繊維も飲むので、まさに一石二鳥です。

 「冷製枝豆ポタージュ」
 鍋にバターとタマネギ、ジャガイモを入れ火にかけ、弱火でじっくりと焦がさないように炒めた後、水と塩、さやから取り出したエダマメを加え煮込み、粗熱をとります。ミキサーでかき混ぜたら、牛乳を加えて調味し冷蔵庫へ。夏バテ気味でも食べやすく、栄養も摂取できます。

 今の時期、三浦半島の「はねっ娘会の枝豆」がおすすめです。水はけの良い火山灰土で育てられ、温暖な気候とミネラルが海風で運ばれ、おいしく育っています。9月後半からは相模原市の「津久井在来大豆」のエダマメも収穫が始まります。10月にエダマメを食べ、11月下旬ごろに大豆を豆乳にしたり、豆腐にして豆の風味を楽しみます。

2022年7月14日公開 | 2022年7月14日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ジャガイモ教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<ジャガイモ編>

ホクホク、しっとり、なめらか、ねっとり。どんな食感のジャガイモが好きですか? 17世紀初めにジャワのジャガトラ(ジャ...

キュウリ教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<キュウリ編>

暑くなってきました。これからの時期を乗り切るためのおすすめの野菜は、体にこもった熱を排出し、冷やす効果がある「キュウ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ