かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 茅ケ崎市のブックカフェ店内にある「こんぶトマト文庫」 書籍を届ける「生き方」貫く

気になる まちを耕す本屋さん<3>
茅ケ崎市のブックカフェ店内にある「こんぶトマト文庫」 書籍を届ける「生き方」貫く

長く読み継がれる名作と新刊が異和感なく並ぶ。「山根さんの蔵書になじませつつ、少しずらした選書を意識しています」=こんぶトマト文庫(茅ケ崎市)
長く読み継がれる名作と新刊が異和感なく並ぶ。「山根さんの蔵書になじませつつ、少しずらした選書を意識しています」=こんぶトマト文庫(茅ケ崎市)

 茅ケ崎市のブックカフェ「BOOK PORT CAFE」の店内に2021年4月に開店した「こんぶトマト文庫」は、小規模ながらも独立した新刊書店だ。特徴は、横幅約80センチの棚2段の店であること。ロングセラーの絵本や詩集、社会問題をテーマにした人文系書籍のほか、文芸作品、漫画がぎっしり並ぶ。一本の芯が通った選書からは、社会と誠実に切り結ぼうとする店主の姿勢が伝わってくる。

 店主は九鬼将司さん。書店での勤務経験もあるが、現在は別の仕事に就き、水、日曜に店頭に立っている。


来店客に思いを伝えるフリーペーパーも店内で配布。「近隣の飲食店などを紹介する地図も製作したいと思っています」
来店客に思いを伝えるフリーペーパーも店内で配布。「近隣の飲食店などを紹介する地図も製作したいと思っています」

 開店のきっかけは、BOOK PORT CAFEと出合ったことだ。同店にはオーナーの山根擁子さんの蔵書約1200冊が並ぶ。スタンダール、志賀直哉、武者小路実篤…。「読みやすい本がメインになりがちなブックカフェとしては骨太の選書にうならされた」(九鬼さん)。山根さんに誘われたことに加え、東京都内のシェア型(棚貸し)書店で経験を積み、新刊を仕入れて売るルートを開拓していたことから開店を決めた。

 選書は「取り戻す」という意味の「恢復(かいふく)」がテーマ。「例えば、男性優位の社会構造を我々は無意識のうちに受け入れてしまっている。そんな刷り込みを意識化し、まっとうな社会に軌道修正していこうという意図を持って本を仕入れています」と力を込める。

 漫画の品ぞろえも読書好きの心をとらえる。大型書店に多い、映像化されたヒット作品の中では目立たないが、長く読み継がれそうな良作ばかりだ。最近の作品では台湾出身の漫画家、高妍(ガオイェン)さんの「緑の歌」(KADOKAWA・上/858円、下/880円)。台湾の少女が細野晴臣や村上春樹らの表現に心を動かされながら成長していく、青春小説のような傑作だ。「今の漫画のトレンドが好きでない人はそもそも売り場に来ない。でもこういった面白い作品との出合いが失われてしまうのはもったいないと思うんです」と話す。


静かな住宅街の中にあるBOOK PORT CAFE
静かな住宅街の中にあるBOOK PORT CAFE

 「収益ももちろん考えてはいますが、こうして本を売るのは、自分が自分らしくあるための生き方。自分の頭を使って本を選び、工夫しながら届けることが楽しい」と九鬼さん。遠方からの来客もあるが、まなざしは地元住民に注がれている。「茅ケ崎駅と辻堂駅には大きな書店があるが、この周辺は空白地帯。歩いて行ける範囲に本屋があるということは、地域にとって価値があるはず」。秋には近隣のカフェでの商品販売も計画中だ。「店を構えるということは、その土地に根を張り、関係をつくっていくということ。商売とは本来そうあるべきものではないでしょうか」

 活字離れ、書籍のオンライン販売の増加、電子書籍の普及など、書店に吹き付ける風は冷たく厳しい。出版科学研究所の調査によると、1999年から2020年にかけて書店はほぼ半減し、県内でも「本屋のないまち」が増えている。そんな中で、本を中心に人が集う場所づくりを通して、新しい風を起こそうとする人たちの姿を追った。

2022年7月21日公開 | 2022年7月21日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


K-Person小川糸さんに聞く 「紙の生命力」信じ変化する人間を描く

鎌倉にある「ツバキ文具店」。主人公の鳩子が営む代書屋に持ち込まれる手紙の依頼や日々の暮らしを描いた人気シリーズの3作...

まちを耕す本屋さん<2>真鶴駅からほど近い「道草書店」 多世代の笑顔が集まる「人が主役の本屋」

真鶴駅からほど近い坂道の途中に、築52年の古民家を改装した「道草書店」はある。6月にオープンしたばかりだが、軒先のベ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サラダ専門店 カスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」が横浜にオープン NEWoMan横浜

  2. うまい!最強!塊肉 MALLORY PORK STEAK 東戸塚店(横浜市戸塚区)のポークステーキ 2人で分けるなら700グラムの「マッターホルン」お薦め

    MALLORY PORK STEAK 東戸塚店

  3. クルミッ子 「クルミッ子」のキャラメルソース 鎌倉紅谷

  4. うまい!最強!塊肉 冒険者ギルド酒場(大和市)の魔獣の骨付き肉 大人の顔ほどの大きさ

    冒険者ギルド酒場(大和市)

  5. フルーツタルト シャインマスカットのショートケーキタルト ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリー

人気タグ