かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 不思議なかき氷 川崎読売ランド駅前店(川崎市多摩区)の梅ヨーグルト ヨーグルトソースが滴るかき氷

うまい 夏に食べたいかき氷
不思議なかき氷 川崎読売ランド駅前店(川崎市多摩区)の梅ヨーグルト ヨーグルトソースが滴るかき氷

  • 不思議なかき氷 川崎読売ランド駅前店(川崎市)

シェア・新聞購入ボタン

スプーンと一緒にストローも提供してくれる。氷の中にサクサクのビスケットも隠れていて、香ばしさや食感が楽しい
スプーンと一緒にストローも提供してくれる。氷の中にサクサクのビスケットも隠れていて、香ばしさや食感が楽しい

 2020年に浜松市にオープンしたかき氷店の県内1号店。ヨーグルトソースが滴る直径15センチ以上の大きなかき氷は、そのおいしさと見た目のかわいらしさで人気を集めている。

 定番12種と季節の果物を使った限定など、20種以上を提供する。今の時季の限定は「うめ」(1700円)。

 クリーミーなヨーグルトの奥には、口の中でふわりと溶ける繊細な氷と、果肉を感じるウメのジャムがたっぷり。夏の疲れを癒やすさっぱりとした味わいだ。


全長45センチほど、メロン半分が器になっている限定「特大メロンヨーグルト」(2500円)。提供はメロンの入荷次第となり、HPやSNSで告知している
全長45センチほど、メロン半分が器になっている限定「特大メロンヨーグルト」(2500円)。提供はメロンの入荷次第となり、HPやSNSで告知している

 トレーのヨーグルトはすくって食べるだけでなく、かき氷に〝追いヨーグルト〟する人も。最後は溶けた氷とヨーグルトがスムージーのようになり、3つの味わいを堪能できる。

 店主の森岡啓治さん(50)、妻の尚子さん(53)が昨年5月にオープン。「氷の温度と削り機の刃をしっかり管理して、ふわふわで冷た過ぎないかき氷に仕上げている」と啓治さん。SE職から飲食業への挑戦に「お客さまが喜ぶ顔を直接見られるのがうれしい」と笑顔で話す。



2022年7月23日公開 | 2022年7月21日神奈川新聞掲載


不思議なかき氷 川崎読売ランド駅前店

住所 川崎市多摩区西生田1の14の2
アクセス 小田急線読売ランド前駅徒歩1分
電話 050(6879)7453
営業時間 午前11時~午後6時(同5時半L.O.)
定休日 木・金曜(季節により異なる)
公式HP https://fushiginakakigo-ri-kawasaki.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


ぶらり♪街めぐり天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

和服姿のスタッフが迎えてくれるのは、今年4月に開業したばかりのかき氷専門店。自慢は職人が作る南アルプスの天然氷だ。 ...

カモメ氷菓店(横浜市中区)

かき氷かき氷店 小桃(横浜市中区)のかき氷 食べ進めるのが楽しいかき氷

ケーキかパフェのような愛らしいルックスに目を奪われた。「自分が食べたいかき氷を作っています」と笑うのは店主の川井まさ...

かき氷店 小桃(横浜市中区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ