かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 横須賀美術館企画展「運慶─鎌倉幕府と三浦一族(三)」 横須賀に残る貴重な像

気になる 企画展
横須賀美術館企画展「運慶─鎌倉幕府と三浦一族(三)」 横須賀に残る貴重な像

「不動明王立像及び両脇侍像」常福寺蔵
「不動明王立像及び両脇侍像」常福寺蔵

 ずばぬけた知名度を持つ仏師・運慶だが、その手がけた像のうち、現在も見ることができるものは限られる。およそ30躯(く)が現存するとされるが、いつ作られたのかまで判明する確実な運慶作の像となると、20以下ほどに絞られる。

 浄楽寺に安置される「阿弥陀如来坐像及(ざぞうおよ)び両脇侍像」と「不動明王立像」、「毘沙門天立像」の5躯は、その貴重な、運慶作の一群の像で、1189年3月に、三浦義明の孫で鎌倉幕府初代侍所別当を務めた和田義盛が妻の小野氏とともに発願したことが、像内に納入された銘札から明らかになっている。本展では、このうち不動明王と毘沙門天の2躯を紹介している。


運慶作「毘沙門天立像」(1189年)浄楽寺蔵
運慶作「毘沙門天立像」(1189年)浄楽寺蔵

 また以前から、この浄楽寺の阿弥陀如来の脇侍・観音菩薩(ぼさつ)像との共通性を指摘されてきたのが満願寺の「観音菩薩立像」である。制作したのは運慶率いる工房だろうとも言われてきたが、本展ではより積極的に、その造像ならびに満願寺そのものの造営に、鎌倉幕府が関与したのではないかとの説を提起している。


「観音菩薩立像」満願寺蔵
「観音菩薩立像」満願寺蔵

 鎌倉幕府の関与という点では、運慶の影響を感じさせる常福寺蔵の不動明王立像及び両脇侍像が、元は源氏ゆかりの神社「叶神社」の別当・西栄寺の本尊であったことも興味深い。幕府のあった鎌倉から見て、この横須賀の地はどのような距離感で捉えられていたのだろうか。(横須賀美術館学芸員・冨田 康子)

2022年8月1日公開 | 2022年8月1日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


企画展横須賀美術館企画展「運慶─鎌倉幕府と三浦一族(二)」 和田義盛ゆかりの像

清雲寺は、寺伝では三浦義継が先代の供養のために建てたとされる、三浦一族ゆかりの寺院の一つ。ここに安置される毘沙門天像...

企画展横須賀美術館企画展「運慶─鎌倉幕府と三浦一族(一)」 仏像に見る文化の影響

三浦半島は、知る人ぞ知る寺巡りの名所。寺との関わりは古く、横須賀市の西側にはすでに8世紀に、寺院建築のための瓦を焼く...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サラダ専門店 カスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」が横浜にオープン NEWoMan横浜

  2. うまい!最強!塊肉 MALLORY PORK STEAK 東戸塚店(横浜市戸塚区)のポークステーキ 2人で分けるなら700グラムの「マッターホルン」お薦め

    MALLORY PORK STEAK 東戸塚店

  3. クルミッ子 「クルミッ子」のキャラメルソース 鎌倉紅谷

  4. うまい!最強!塊肉 冒険者ギルド酒場(大和市)の魔獣の骨付き肉 大人の顔ほどの大きさ

    冒険者ギルド酒場(大和市)

  5. フルーツタルト シャインマスカットのショートケーキタルト ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリー

人気タグ